2020年10月06日

お久しぶりです

お久しぶりです、2年の安部です。
暑さも落ち着き、すっかり秋ですね。
「〇〇の秋」とはよく言いますが、みなさんいかがお過ごしですか。何をするにも幸福度の増す心地よい季節ですよね。

私は春に地元に帰ってから、しばらくこちらで過ごしています。まだオンラインでしか会えていないのが残念ですが、たくさんの新入生のみなさんがSTFを選んでくださってとても嬉しいです。

1人で練習していると競技面ではもちろん、精神面でも寂しさだったり、ちゃんとできているかと不安を感じたりします。しかし、チームのみなさんの試合結果や練習の様子を見て、自分も頑張ろうとやる気をもらっています。
離れていても誰かを励まし、誰かのやる気を高めることができます。陸上競技は個人競技ではありますが、団体競技でもあると改めて実感しました。

今年も残り3ヶ月と、あっという間に時間が経つことに驚いていますが、大変な1年だったと悲観するのではなく、良かったと思うことが1つでも増えるように、残りの毎日を大切に過ごしたいと思います。
posted by stf at 21:01| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

感謝

お久しぶりです。フィールドブロック長の吉田典可です。
もうブロック長と名乗るのもこれが最後になりますね。本来であれば皆さんの前に立って話す予定でしたが、異例な社会状況である今、このような形で挨拶を済ませることとなりました。思い返すと約1年前、臨時総会の際も記録会の関係で後輩に挨拶を代弁してもらったため、つくづくこのような機会には恵まれていないなぁと感じます。簡単ではありますが、読んでくださると嬉しいです。

昨夜投稿された短距離ブロック長の愛のある文章を読み、本当に彼はブロック長の鑑といえる人だったなと改めて思いました。誰よりも後輩想いであるにも関わらず、それを顔や言葉に出さず陸上を通して行動で示す、かっこいいの一言です。いずれ社会人になる身として、いつかはこんな上司になりたいなぁなんてひそかに思っています。"短フィ"という最も距離の近いブロックの同じ立場の人間として、特にお世話になった人であり、彼には感謝しかないです。

幹部交代の日が迫る今、1年間を振り返り、何か一つでも貢献できたことがあるのだろうか考えさせられます。私は同期のブロ長達とは異なり、リーダー性も無ければ陸上愛が強いわけでもない、ブロ長として終始未熟者であり力不足な部分が大半であったと自覚しています。ですが、私が大切にしていた「意思尊重」、つまりやりたいことができる環境作り、これに関しては少しは達成できたかなと思っています。やりたいことを全て許可することが必ずしも良いこととは限りませんが、私は一度も否定せずに実現できるよう尽力したつもりです。しかしそれが実現できたのももちろん自分1人の力ではなく、ブロックのみんながきちんと意思を伝えてくれたり、競技場探しなどブロック長の仕事を積極的に手伝ってくれたからです。悩みながらもここまでなんとか続けてこれたのは、みんなの支えがあってこそであり、本当に感謝しています。この先もやりたいことをやり、悔いのない大学(陸上)生活を過ごしてほしいと願うばかりです。

さっきから感謝してばかりですね、笑
でもそのくらいいろんな人に助けられた思い出が沢山あるんです。これはブロ長にならないとできなかった貴重な経験であり、この経験をこの先大切にしていきたいです。

先行きが不透明で不安な日々が続くなか、次のブロック長に役割を丸投げするのは不本意であり心苦しいですが、こんな状況でも梶なら今よりもっともっと良いブロックに成長させてくれると思います。その過程を学生であるうちはもちろん、大学を卒業してもずっと見守っていきたいです。応援しています。

1年間本当にありがとうございました!


posted by stf at 22:45| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

自粛(フィ2梶原)

こんにちは。シベリアンハスキーを飼う野望を持った同期の松浦氏からブログが回ってきました。
ゴールデンレトリーバー派のフィールド2年、梶原です。


4年生が卒業してしまい、70名ほどいたSTF全体グループが今は53名となりました。今年は、引退ブログや総括記事も書かれて、それぞれの先輩方にとってSTFがどういうものであったのか、いまさらながら知ることができました。4年という時間をかけて見つけた大学生活の意義といったら大げさかもしれませんが、言葉の節々に確信が満ち溢れていて、4年間お疲れさまでしたという気持ちと共に、正直うらやましかったです。僕はまだ、言葉にまとめられるほど自分への理解が深くないので、先輩方の姿を思い起こしながら、もう少し自分への問いかけを続けようと思います。


時を戻しましょう。


現在STFは、コロナで集合練が自粛されています。通常の生活リズムよりは時間に余裕があるので、たまーーーにドライブしてます。


車で走っていると、この道嫌だなとか、好きだなって感じる瞬間があります。いいなと思うのは、1車線の道幅が広く開けている道です。逆に嫌だなと思うのはその逆で、かつ、自転車がよく走ったり、路駐がいたり、大型車が多い道路。環7は特にひしめきあっていて疲れます。


ただ、道幅が狭い交互通行でも、すれ違うときに道を空けておいてくれたり、逆に、このまま通ると危ないと思って、自分が端に避けて道を空けたときに手の合図でお礼してもらったときはいいなと思います。そういうことがあると、安全運転を心掛けようとか、そういう方に気が向く気がします。


自粛中で部活動についてネタがないのでとりあえずドライブについて書いているんですが、意外と示唆的になりました。道が狭いときに強引に通られたら僕はきっと腹を立てていただろうし、逆に僕がたまたま強気な時で無理して通っていたら、対向車の運転手には傍若無人な車がいたという嫌な思い出が増えていたかもしれません。こんな感じで、関わって何かをするとき、互いに作用しあっているんだなあというのがここでの気づきです。


部活のブログなので還元すれば、STFという組織で日々コミュニケーションをとって過ごしているわけですが、自分という存在によって誰かに良くも悪くも影響を与えていると思っています。そして、その影響が組織にとってプラスであればあるほど組織は良くなり、自分にとって実りの多い環境になるのかなと。もう少し書きたいですが、この話はまたしかるべき時が来たら書かせてもらいたいと思います。


そんなわけで、自分の取り組みや結果がなんらかの形で良い影響をいつかSTFに与えればいいかなっと思いつつ、そしていつか自分に返ってくるときまで、自粛中ですが今できること、やるべきことを怠らずに練習に励みたいと思います。


みんな頑張ろうネ🐊


次は、クッキングスタジオに通っている恭介さんです。
posted by stf at 00:10| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

シベリアンハスキーと暮らしたい

どうもこんにちは。フィールドブロック2年の松浦です。タイトルは私の野望です。
前回は確か、新しい趣味を見つけてファンクラブに入ってしまいました〜みたいなことを書いた記憶があります。時を経てその名義は3つ増え、こないだはSTFの皆様にCDをばら撒きましたね。

私事すぎました。そんなことはどうでも良くて、なんと言ってもここ最近の私は追いコンに追われていました(ダジャレじゃないです)。

当たり前かもしれませんが、今までの人生で100人弱を巻き込む規模の会のセッティングなんてやった事がなかったのでテスト終了後からは常に緊張感にさいなまれていました。納得のいく運営だったというには少し力不足でしたが出席してくださった卒業生、OBOGの方々や現役部員の皆が楽しんでくださったのであれば本望です。沢山協力してくれたり声をかけてくれた同期や気にかけてくれた前内務のなおさんには特に助けてもらいました。この場を借りて今一度感謝を伝えさせてください、ありがとうございました!

次は公式新歓を主催することになります。気持ちよく新入生を迎えてあげられるような会にしたいですね。そのためにまずはフレマン頑張りたいのでコロナの収束を願うばかりです…。

内務という役割を頂いてからはや3ヶ月ほどが経ちました。正直、内務の仕事量やその内容と自分の競技に対する熱量のバランスが崩れて逃げたいと思うこともありましたが今は試行錯誤しながら最後まで駆け抜けていきたいと思っています。もちろん、内務としても選手としても全力で頑張っていきたいという意味です。この1年間、松浦に内務を任せて良かったと思ってもらいたい。選手としてやってきた中で後悔はない、という感情と一緒に卒業したい。少々大袈裟で暑苦しいかもしれませんが、そんな感じでSTFに関わって行きたいと思っています。選手と内務を兼任した前例を見たことがないからこそ逆に私には可能性がいっぱいあるんじゃないか、なんて考えています。

やだ〜なんか恥ずかしい〜〜決意なんか書いちゃって〜〜〜もう既にポンコツ内務と思われてたらどうしよう無理ぴえん

フィールドブロック、お次は梶原です。よろしく!
posted by stf at 22:22| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

祝成人

おはようございます、フィールド2年秋本です!成人された皆様、おめでとうございます。
昨日は式には行かず、武ちゃんとWINSに行きました(^。^)

さて、久しぶりのブログです。おそらく2回目?
近況、特に変わりはないですが、毎日忙しくせかせかしていて、何となく何か焦ってます。勉強、バイト、家事、育児。 (あ、子供いないわ) あと部活。何も考えずに生きたいけど、そんな無責任な人にはなりたくないので、とりあえず2020はハッピーな1年にしましょうネ!あけましておめでとうございました!

次はワカメ~   あ!わかなです!

posted by stf at 11:34| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

2020

あけましておめでとうございます!
フィールドブロック3年の吉田です。
 冬休みって本当に短いですよね、毎年思うのですが、今年は特に短く感じました。なんなら1週間くらいだった気がします(笑)年末年始はとにかく寝ていたので、明日の1限に間に合う自信がこれっぽっちもありません、、、。ですが、テストやレポートもそれなりに溜まっているので、気持ちを切り替えて残り少ない学生生活を過ごしていきたいと思います。
 そういえば前回ブログを書いたのが7月の下旬だったので、かなり久しぶりですね。前回は四継の標準切りに対する自分の気持ちを書いたと思います。あれから秋シーズン、四継は完全に新体制となりました。新体制になる以前は、絶大な信頼を置いていた先輩方が引退してしまい、正直この先やっていけるのかという不安しかありませんでした。しかし、常にメニューに全力で挑む根性のあるマリ、しっかりしていて真面目でストイックなさちこ、の後輩2人が加わり新体制となった今は、逆にあの時の記録を超える自信しかありません。今年は幅跳びと同じくらいリレーにも向き合う年にしたいです。
 陸上人生最後のシーズンで何かしら必ず結果を残せるよう、冬季練習も手を抜かず全力で励みたいと思います!メンタルが弱い私は就活がかなり不安ですが、ぼちぼちそっちの方も頑張ります、、笑
またすぐにブログが回ってくると信じて(誰も止めないでね!!!)今回は短いですが以上とさせていただきます。今年もよろしくお願いします!

次はロシア人ハーフです^ ^
posted by stf at 19:27| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
フィールドブロックの安部です。
1日に帰省し、地元で過ごしております。お正月は毎年、祖父母の家に親戚一同が集まり、食事をします。家族や親戚、友人達など離れていても繋がりが切れることなく、帰省のたびにあたたかく迎えてくれる人がいるというのは幸せなことだと改めて感じます。
さて、2019年はそんな地元から上京し、競技においては新たに幅跳びを始めました。
慣れない中で、先輩方についていくのが精一杯でしたが、今年は後輩ができます。ついていくだけではなく、自ら考え練習に取り組む姿勢も求められます。
そこで今年は「よく考える」ことを目標にしました。メニューの意図、意識すること、怪我をしないためのケア、なぜうまくいかなかったのかなど考えるべきことは多くあります。よく考えてから行動することで、それを振り返って、今後の課題を明確にしやすくなると思います。
また一年後、もう一段階上の目標を掲げられるよう、この一年はよく考え、悔いのない選択をする、そんな一年にしたいです。
posted by stf at 00:23| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

ブログ更新遅くなってごめんなさい

気づいたら5ヶ月弱ブログを遅延させていました。ごめんなさい。
フィールドブロック修士1年の臼井です。
就活が本格的に始まり、それなりに忙しい毎日を過ごしています。

さて、球技祭を最後に今年の集合練は終わりました。大学院に入ってからの陸上生活を振り返ってみると、悔しいことの方が多かったです。専門の幅(と100)で自己ベストにかすりもせず、対校戦でも大した活躍はできず、ただの老害になってしまいそうです。(もうなってる...?)

そういえば昔、3月ぐらいに
"就活と陸上" ではなく"就活か陸上" というブログを書いていた先輩がいました。
就活に力を入れすぎて、陸上の結果が出せなかったら一生後悔するかもしれない、といった内容だったと思います。
その先輩は陸上を選択し、就活中も全力で陸上をしていました。
そして5月の関カレ標準切り最後の記録会で10"76を出し、見事標準切りを果たしていました。
その後、一流企業の内定ももらっていました。
なんかもう全てがかっこよすぎますよね。

自分も同じ立場になりましたが、改めて先輩の凄さを感じます。
僕には怖くて陸上だけに全力を尽くすという選択はとてもできません。
どうしても"就活と陸上"になってしまいます。
ただ、大学院に進んでまでも陸上を続けている訳ですし、中途半端に引退を迎えたくもありません。難しいところです、、、

あ、もう目的地に着いてしまったので終わります。
これから六本木のけやき坂で年越し坂ダッシュしてきます。stfの恒例行事になりつつありますね。皆さま良いお年を!
posted by stf at 19:13| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

この思いの丈、重いです。

こんにちは!フィールドブロック2年の梶原です。テスト、終わりましたね〜。ようこそ夏休み!僕は、金曜日の5限までテストに拘束されるという充実したテスト生活でした。(長かった・・・)シーズンが一区切りをつき、STFは夏の練習を迎えようとしています。春シーズンどうでしたか?僕は、「プライオメトリクスの上に若干のウェイトを積んだことで、筋力・反発力がともに向上し2m00の自己ベストを出すことができた」と評価しています。身体の強化から結果を得たという練習体験は良いものでしたが、2月の怪我の癖が抜けきらないまま春シーズンを過ごしてしまったので、テスト期間は身体のリセットを目標にし、ドリルとjogに抑えて過ごしました。良いリフレッシュになったと思います。しかし、身体をリフレッシュできた反面、パフォーマンスが落ちたなと土曜日の練習で感じました。その点の改善はこれからの練習に期待することとします。

ところで、不肖梶原、新たに目標ができました。以前よりも大きいもので、まだ夢かもしれませんが、久しぶりにわくわくしています!その目標達成のために、この夏は大切です。そう考える理由を回りくどく書くこととします。
  僕がその記録を狙う時期は来年の5月下旬です。そのためには、前回失敗した冬季練習で自分の苦手を克服せねばなりません。ところが、何が自分に欠けているかという分析は、身体的な体験に基づいたものでなければ現実と理想の差を加速させる可能性を伴います。逆に言うと、良い身体体験に基づいた分析を行うことができれば、冬季練習の目的が明確になり、来たる来春シーズンを良いものとできる(はず)と思う(信じる)ことができます。そうした前提に立つと、秋シーズンを高いレベルで過ごし良い体験を積むことができると、そのまま来年の春シーズンにつながると言えるでしょう。
経験上、夏が明けた秋シーズンは記録を出しやすいです。そこには、たくさん練習を積んで陸上仕様の身体になるという身体的な面と、週に5回練習することで陸上に集中できるという精神的な面に加え、気候的に厳しい状況から解放されてコンディションに加速力が得られるという、夏が持つ3つの側面が作用していると考えています。要は、夏の練習を乗り切ることはそれだけで意味があり、うまく生かせれば大幅な成長の契機にもなりうるということです。こうした流れを意識しているので、僕はこれから迎える夏が大切だと考えています。まあ実際、こんなこと考えながら練習しないんですけど。(笑)

そんなこんなで、僕は夏に期待をかけているのですが、最近、競技場の改修工事が影響して跳躍・投擲種目としてはキビシー状況ですね。願えば競技場が増えるならお百度参りでもしますが、そうでもなさそうなのでどうしたもんかとすったもんだしてもつまらないので、こういう時はその状況に執着しないことがいいのかなと思います。僕が専門にしている走高跳は興味深い種目で、マットを置いてバーを掛けて跳ぶだけでは記録が伸びません。(疲労溜るし)この種目は、動作ごとに個別で意識をもって再結合させる作業が練習のベースになっているので、僕の理論上、跳ばずとも一応練習ができます。フィールド種目は技術が求められますが、技術を高めるには、技術練習というアウトプットと、イメージを作るインプットが大切だと考えています(今思いつきました)。であれば、いかに跳ぶか(投げるか)について考え方が充実していれば、あとはそれを試して、身体反応から得た新たなイメージを持ち帰るだけなので、技術練できなくても他にできることあるくね?という発想も面白いかと思います。
自分を取り巻く環境が良かろうと悪かろうと、その舞台におけるアクターである自分がチャランポランだったら結果は同じだと思うんですよね。さらに言うと、今の練習環境(又は競技パフォーマンス)のここが悪いなと思うとき、自分に何ができるかを考えることこそ面白いと感じます。




・・・。





この話題に熱弁をふるった今、気がついてしまいました・・・。


この状況に一番執着しているのは自分かもしれないということを。


いやだって8レーンブルータータン(ここ重要)を持ってて、マット常備(カバー必須)でバーを出すだけで高跳びできるならそれに越したことはないし、広い場所でウェイトができて冷房の効いた部室があって、全ブロック同じ練習場所で様子が感じられるならどれだけ楽しいことか。

(織田フィールドの混雑ともおサラバできるし・・・。)


突然ですが、僕は陸上「競技」が好きです。環境なんて大きなものを変えることにはいろんな力が必要でめんどくさいですが、自分の競技は、自分の意志次第でいくらでも、変幻自在に、飛躍的に、改良できる可能性があるからです。
可能性があるとは、「自分に対する期待を実現できると自分を信じていること」という意味だと解釈しています(今しました)。さらに、可能性を意識することは原動力になると思っています。だから、自分を信じることは何にも代えがたい価値を持っていると思いますし、その価値を失わないために、自分の可能性を伸ばし続ける正しい努力を模索することが、陸上競技の醍醐味であると信じて疑いません。




うぅーーーーん。



やっぱり僕は、今の練習環境に住むしかないようです。
posted by stf at 02:29| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

8月2日は真理の誕生日


前回ブログを書いたのは去年の上南戦だったような…あの頃から時は経ち2年生になりました。フィールドブロック(コ)松浦です。

この1年間、部活では15の先輩方を見送ったり19を迎えたり18幹部としての方向性が見えてきたり、私生活ではKing&Princeのファンクラブに入会したり様々なことがあったなあとしみじみしてしまいます。

そんなこんなで今日はテスト4日目でした。いよいよ明日で終わり、お疲れ様でした。次の期末試験こそは絶対前もって勉強するぞ〜(n回目)

次の大きな行事は夏合宿でしょうか。4泊5日の間、陸上に没頭できるチャンスです。具体的にどういうことをしたいか、どういう姿勢で練習をこなしていきたいか目的を持って臨みたいところ。あとは一応大富豪のルールでも確認しておこうかな…。

合宿を無事に終える為にも、まずは夏の体調管理には十分な配慮を心がけたいです。個人的に1年に1回は熱中症になってしまうので今年は避けたいですし、周りの人がそれに苦しむのもあまり見たくはないので皆で楽しく暑さ対策・水分補給出来たら最高ですね。

それでは期末試験ラスト1日頑張りましょう。そんな明日8月2日(パンツの日)はフィールドブロック同期秋本の記念すべき20歳の誕生日です。ちょっと早いけど、おめでとう!!
posted by stf at 18:29| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

わんじゃない

わん!

初めまして!大好きなノリさんに続きまして、ブログ書きます。2年生の秋本真理です。
梅雨も明けて、やっと夏到来です!汗をかくのは気持ちがいいですよね、みんなで海行きましょ!!

さて、本題ですが、今日は晴れ(7/29)なので明るい記事にしたいと思います!
私、走るのも跳ぶのも投げるのも下手っぴで、どれも向いてないと思ったから、七種競技というのを始めました笑。実際、競技人口も少ないし穴場です。成績はいつも6位くらい、と別に凄いわけでもできないわけでもなくて、ただの中途半端な人。まあいいや〜、と言い聞かせてたけど、おやおや、最近沸々と……!!!夢ができました!きっかけはついこの前の日体大記録会。出てる方々がすごい人達だったんですよ!○カレ入賞とか、●カレ優勝とか、、。そんな人達と競技して、まりも行けそうwって思ったのが素直な感想です。いや、あの日は全然敵わなかったですけど、、その、、ハイ。強すぎました。けれどね、モチベーションは急上昇です!火傷しちゃうくらいアツい夏にしますね!やれるところまでやってみたいわん(>_<)
目標まで、あと1000点ほど。2種目くらい増やさないと…じゃなくて!伸び代をどこまで伸ばせるか。もうびよ〜ん、って。○カレ目指して頑張るぞ〜(てへ)
初めての夏合宿も楽しみだす!

次はだいすこなフィールドブロッコのわかなさんです!!













posted by stf at 15:21| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半年以上ぶりです

 9ヶ月越しのブログとなりました、お久しぶりです。ブログの書き方忘れたな〜なんて思いながら今ブログを書いているのですが、たぶん忘れているのではなく、今思い返せば3年生ながらブログを書くこと自体が5回目くらいだから不慣れなだけだと思います(笑)これからは積極的にフィールドブロック内でもブログを回していけたらと思っています。
 さて、今からちょうど9ヶ月前といえば十大戦、しおりさん・ゆさこさん・ほりまゆ・私の4人で4×100mRに出た2度目の試合です。あの時はもう本当にリレー初心者丸出しで、走る直前にスタートの位置がわからず、すごく焦った記憶があります... そんなあの頃のタイムは関カレ標準より1秒以上遅く、私が新しくメンバーに入ったせいで全体の足を引っ張っており、迷惑をかけているという自覚しかありませんでした。そのため、正直リレーは私にとって精神的に負担でしかなく、いち早くリレーメンバーを抜け出したいとばかり思っていました。たぶん他のメンバーにもこの気持ちはバレてたんじゃないかな、、、
 しかしあの時逃げ出さなくて本当によかったと今では思っています、それほど関カレ標準切りは私にとって良い経験となりました。陸上を通して、久しぶりに悔しい思いや嬉しい思いをした気がします。ずっと見失っていた陸上の楽しさを思い出させてくれました。なかなか自信が持てない私をいつも前向きにさせてくれたメンバー、お仕事の合間を縫って試合や練習に来てくださり、親身にアドバイスをしてくださった河西さん、普段の練習からサポートしてくれた多くの方々には感謝しかありません。本当にありがとうございました!
 上南戦をもってこのメンバーでのリレーは最後となってしまい、1ヶ月近く経った今でも正直まだ先輩離れはできていません。しかし先輩方が残してくださった関カレという大きな贈り物を決して無駄にしないよう、早く気持ちを切り替えたいと思います。また、私は二つの事を同時に頑張る事が苦手なこともあり、幅跳びをずっと疎かにしていたため、8月からは幅跳びでの関カレ標準切りも目指し、更なる練習に励む予定です。
 リレーに関しての想いはまだまだありますが、それはまた機会があれば書こうと思います。とにかく今は試験勉強、、文武両道を目指して頑張ります!!!
次は私の大好きな後輩、マリです!
                       フィールド3年 吉田 典可
posted by stf at 01:43| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

もうすぐ夏休み

こんにちは

フィールドブロック1年の安部優里香です。

初めてのブログが回ってきました、よろしくお願いします。


期待と不安、どちらかというと不安が大きかった上京からもうすぐ4ヶ月が経とうとしています。優しい先輩方、頼りになる同期に出会い、今では毎日楽しく過ごしています。


デビュー戦となった上南戦では、不安や緊張、焦りから悔しい結果に終わり、いいスタートが切れたとは言えませんが、今後の課題が明確になったいい経験だったと思います。夏はたくさん跳んで自分の跳躍に出会えたらと思います。


上南戦、公式新歓と大きな行事を終え、ほっとしていますが、次はテストです。

小さい時から憧れのフィンランドが舞台、同じ誕生日、と何かと親近感があって、私はムーミンが好きなのですが、ムーミンに出てくる、スナフキンの言葉に


「そのうち」なんて当てにならないな。

いまがその時さ


という言葉があります。忙しい毎日でつい後回しにしてしまいがちな勉強ですが、夏を満喫するために勉強も頑張っていこうと思います!


ありがとうございました😊



posted by stf at 13:37| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

1年生です

お疲れ様です.(大学院)1年生の臼井です.ブログ止めてて申し訳ないです.
雨の中練習しただけで2日間寝込む風邪をひいてしまい,加齢による衰えを感じます.22歳です.

同期が社会人になっていく中,大学院に入学し早3ヶ月経ちました.想像以上に研究が忙しく,最近は部活とバイトが息抜きって感じです.
限られた時間の中でいかに効率よく必要なことだけ練習できるかがこれからの課題ですね.ここ数ヶ月は集合練しかできていない状況なので,夏休みを境に切り替えていきたいところです.

先週末は上南戦でした.
私は四大で負傷した逆脚が完治しておらず,100mと走幅跳は補欠に託して走高跳のみ出場しました.
結果は9cmベストで,久しぶりに満足して試合を終えられました.
普段やらない種目ってめちゃくちゃ楽しいですよね〜
高に伸びしろを感じてしまったので,これからもちょいちょいやっていこうと思います.
頭上高さでかじに勝てるように頑張ります!
(ちなみに今のところ梶原: 頭上21cm,臼井: 頭上15cmです.追いつけそう...?)

書くことなくなったので終わります.
どうでもいいですけど,論文では「、。」は使わず「,.」で書くみたいです.なのでブログもそれに則って書いてみました.
どうでもいいですね.
posted by stf at 12:22| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

平成もあと少しで終わりですね

こんにちは、フィールドブロック4年の望月です。

平成もあと少しで終わろうとしています。先日、留学していた時のホストファミリーに新しい元号である「令和」の意味は何かと聞かれたときに上手く訳せませんでした。人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという思いが込められているらしいですが海外では令和は、「平和や調和を命じる」などと訳されていて少し違和感を感じました。

さて、フィールドブロック長としての任期もあと少しとなりました。残り約1カ月後悔が残らないようブロック長としての仕事に取り組んでいきたいと思います。


次は先週インフルエンザにかかった1年生の臼井さんです。

posted by stf at 23:44| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

誓いを果たす青春たれ! (1年 梶原)


こんにちは、フィールドブロック1年の梶原です。

最近、「セッション」という映画を観ました。ドラムで音楽学校に通っている少年が主人公で、その少年と指揮者の、演奏への熱意が異常なレベルでぶつかり、観ている側にアドレナリンが出るという過激な映画でした。面白かったです。

さて、3月も中旬となり、シーズンの雰囲気を感じ始めています。やっと俺たちの季節がきたー!っていう感じです。

長い冬季練の中で、練習をこなすだけの自分が現れる時期がありました。また、そうした自分を戒める自分も、暗いトンネルの中で見当違いな方向を向いて注意を促しているようなものだったのかもしれません。いざシーズンの空気を感じて仕上げようとすると、これまでやってきたことが微妙に違ったなと気づき、そこから転じて冬季練中の自分あまちゃんじゃん!と思うのです。ですから、これからの時期は、冬季練中のあまちゃんな自分がやり残した部分を修正する尻ぬぐいの時期になるだろうと予測しています。3月22日に初戦があるので、それまでに感性を磨いて競技結果に対して正しい反省ができるレベルまで状態を上げます。

春シーズンを迎えるにあたり、去年の公式新歓で目標を宣言した時の気持ちを思い出しました。目標を立てるということは、自分がそこまで行けると少しでも信じたということです。初心の自分が自分にかけた期待、それに応えることができたと、4年間を終えた時に思いたいです。小学校の担任から送られた言葉にそうした思いを込め、ブログのタイトルにしました。

どこかすっきりしないけど、まあいっか!
シーズン頑張っていきましょーう!
posted by stf at 19:59| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

考える

お久しぶりです!
フィールドブロック2年の吉田です。
皆さんは脳はなんのためにあると思いますか。私も先日授業で東京大学で脳科学を専門としている先生に同じことを尋ねられました。私は"体のあらゆる部分に指令を送るため"なんて答えた記憶があります。
実は、"動くため"これが正解です。脳は動くためにできたゆえに、動くことでしか脳を鍛えることはできないそう。"動くため"という無難な答えになーんだと思う人もいるかもしれませんが、私はそこにおもしろさを感じました。
脳は勉強することで鍛えるイメージがあったため、動くことで鍛えられるというのには、スポーツを普段からしている勉強嫌いな自分からすればどこかラッキーという気持ちになりました、笑
陸上は他の競技と比べても"考える"ということが特に大事な競技だと私は思います。大学に入って陸上をまた始めて、ただ走るのではなく、考えて走ることの重要性をすごく感じた覚えがあります。中高時代はなにも考えず無我夢中に走っていたため、陸上を"考える"ことにはまだ正直慣れていない状況であるにも関わらず、あっという間に来年ブロック長という立場になってしまいます。
今からでもちゃんと一から陸上について勉強し直して、これから冬季練習に挑み、立派な選手に成長できたらと思っています。
とりあえず明日の十大戦頑張ります!笑
posted by stf at 22:47| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

久々ですがこれが最後のブログです(^^)

ご無沙汰しております、フィールドブロックです。今回は4年前田が担当します(^^)
昨日の予選会で急遽頼まれたブログをすっかり忘れておりまして夜な夜な更新中でございます。

昨日は予選会でした👏選手の皆さん本当にお疲れ様でした!そして、素晴らしい走りを見せて頂きありがとうございました!

フィールドブロックにいると長距離ブロックとの距離が遠く、なかなかお互いの練習中の頑張りを見る機会がないのですが、予選会では中・長距離ブロックの日々の成果を見られるのでよいですね。予選会や駅伝、対抗戦などでブロック間の距離を詰められればいいなと思います。

私自身は5月に競技を離れてから悠々自適な生活を送っておりますが、予選会を機に久しぶりに後輩たちに会ったことでまた練習に行くのもいいなと思わされているところです。(アルティメットの日、府中の日呼んでください笑)

話は変わりますが、予選会の次は今年最後の対抗戦、十大戦があります!寒くなってきてるので怪我や風邪に気をつけながら十分に準備を進めていきましょう!

次はおそらく今年絶好調ののりぴーお願いします(^^)
posted by stf at 03:13| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

次はブログ止めないよう気を付けます

こんにちは。フィールドブロック2年の常松です。先日理工系がありました。雨がギリギリ降らず暑さもそれほどなく競技場のコンディションはそれほど悪くなかったのですが、跳び方を変えたばかりだったので満足のいく跳躍ができませんでした。1年ほど自己ベストが伸びてませんが1年前よりは助走も踏切も空中動作も上手くなってると思うので、次の順天堂大学競技会で今回の反省を活かしベストを更新できるようにしたいです。
posted by stf at 16:52| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

お尻が痛い


なんと上南戦期間でフィールドブロックのブログが1周しました。長時間のバス移動でお尻が痛い!フィールドブロックの松浦です!

初めての上南戦を終え、帰りのバスでこの文章を書いているところです。記憶が新鮮なうちに振り返っていきたいと思います!

まず結果は対校女子やり投げ26m58で2位でした。正直とても悔しい思いでいっぱいです。

フィールドに投てき専門として入ったためその自負がありましたし、冗談かもしれなくても周りの人たちに「きっと1位とってくれるよね!」と期待してもらっていたのに4点を持って帰ることが出来なくて不甲斐ないです。

一方でマイナスな感情ばかりではなく入部して3か月程度しか経っていない中での投てきにしてはまずまずだったのではないかとも思っています。いきなり自己ベスト29m71を更新できるとは自分でも思っていませんでしたし、今回の記録を基準にしてこれからに繋げていければ無駄にはならないと信じています!

そんなこんなで自分の弱さをダイレクトに知り、大会後はすっかり自信を失ってしまいました。我ながらお豆腐メンタルだと思います(笑)

しかし上南戦が終わった日の夜、中距離とフィールドとマネージャーの同期3人と語り合う時間があったのですがネガティブになりすぎ!と励ましてもらい、立て直してもらいました。そのうえ陸上とどう向き合えばいいのか、目標をどう立てればいいのか分からなくなってきているという私の悩みにも真摯に回答してくれて種目は違えどアツい同期がいてくれることに感謝です。

感謝というと、跳躍選手だけしかいなかったのに投てき専門の私を迎え入れてくれたフィールドブロックにも大変感謝しています。フィールドブロックへの愛が大きすぎてここでは言い尽くせないのですが、とにかく伝わりますように!!!!!!!

また、先日フィールドブロックの先輩に練習用にとジャベボールを買ってもらいました。いち投てきのいち後輩のためにこんなことをしてくれたことが尊すぎて、勿体なくてまだ使えていません(笑)でも、恐らくボロボロになるまで使い果たされるのが先輩及びジャベボールの本望でしょう。これのおかげで練習の幅も広がるのでこれからは工夫して使っていこうと思います!

上南戦はやりのみだったので砲丸の練習は控えていましたが本格的に再開し、難しいのは重々承知ですがやりと砲丸の両立頑張ります!

次はたいがさんです!
posted by stf at 18:25| Comment(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする