2021年01月15日

内務になりました

お疲れ様です。長距離2年の小池です。

偶然一つ前のわかなさんの投稿が内務に関するものでしたが、私も同じく内務について書きたいと思います。

私は先月の総会で承認をいただき内務となりました。総会の直後からやらなければならないことがたくさんあり、やり残している仕事はないか毎日不安です。今は何かある度に多くの先輩方にお世話になっており、今後しばらくはご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします。

まだ1ヶ月ほどですが運営に携わらせていただいたことで、これまで自分の知らないところで多くの方がSTFのために尽力してくださっていたことに気づくことができました。これから約1年間、私も内務としてSTFの運営を円滑に行えるよう努めてまいりますのでご協力お願い致します。
posted by stf at 19:59| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

2020

こんにちは!短距離2年の竪です。

19のブログが1周し終わったということで、ここから2周目に入ります。

いよいよ2020年も残すところ少ないですね。今年はコロナでなんだか長かったような短かったような、不思議な1年でした。本来であれば春からキャンパスで授業を受け、上南戦で今年最後の対抗戦を終え、皆さんが夏合宿に行くと同時に私はドイツへ旅立っているはずでした。でもこのような異例な年の中、18の先輩方が様々な工夫を通して部活を運営してくださったお陰で部活はとても充実していました。感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、私も今月から外務として部活の運営に携わります。引き継ぎの際に改めて責任の重大さを感じました。今は不安でまだ佳歩さんにたくさん頼ってしまっていますが春先から忙しくなると思うので、その頃には私も先輩みたいに手際良く仕事をこなせるようになっていたいです。

数日前からオフ期間に入りましたが、成人式までに少しでも痩せたいので年末年始はジョグを頑張ります!途中から嫌になってやらなくなりそうなのでここで宣言しておきます笑

皆さん体調に気を付けてお過ごしください。良いお年を!

次はひなこよろしく!


posted by stf at 22:43| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

休部


お久しぶりです。短距離ブロックの山崎です。

もう12月です、、、

今年は特に時の流れが早く感じますね、、

2020年残りわずか無駄にしないよう頑張りたいです。


さて、今回は休部について書こうと思います。私は大学1年生の終わりに1ヶ月あまり休部しました。肉離れのせいで冬練に参加できず周りとの差が大きくなりモチベが低下し、なんのために陸上をやっているのかわからなくなってしまったからです。また、1年生の冬の時期はとにかく成長したいと言う思いが強く、そのためバイトで新しい学びを得たり、セミナーに参加する方が部活に出るよりいいと考えてしまっていました。このことを先輩に相談したら休部を勧められ、1ヶ月休部しました。

 休部中はバイトに熱中し、私は生徒に徹夜合宿の意義付けを考えている中で1つの考え方を得ました。それはどんな行動においても捉え方によって成長に繋げることができると言う考え方です。意味ないと思って行動した事でも振り返って見ると、その経験が活きたと感じた経験はありませんか??当たり前すぎる考え方だと思う方もいるかもしれませんが、当時の私にとってはこの考え方が陸上を継続する理由になりました。私は今まで成長するために、11つの行動に対して何が得られるかを考え選択してきました。当時は陸上に対して何が得られるかを考えた結果、よくわからなくなったのだと思います。休部を決めた時の私は目先の成長に囚われ、長期的に見る目がありませんでした。この考え方により中学から大学まで陸上を続けることで、今は成長を感じないかもしれないが将来感じることができるのではないかと考える事ができ、今でも部活を続けています。


現在考え事が多くなりすぎて病んでしまう人や怪我やモチベが低下してやる気がなくなってしまう人などいると思います。病んでしまったりモチベが低下するほど目先のことに目が行きがちで、視野が狭くなると思います。そんな時は考えすぎず、いつかこの経験がいきるだろうぐらいに気楽に考えてみてはいかがでしょうか??ポジティブに考えることが出来ない場合は、考えることを放棄するのはどうでしょうか??

少し違った視点で色々考えてみると気が楽になる事があると思います。

今年も残りわずか、頑張っていきましょう!


 

posted by stf at 12:00| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

one team


こんにちは!STF20、短距離ブロックの鈴木菜月です!ブログ更新を止めていてすみませんでした。11月中に提出のレポートや課題をたくさん溜めて自分を苦しめていました。やらなきゃいけないことを後回しにして溜める悪い習慣、直したいところです。これを大学生になって何度言ったことか、、なかなか直りません。

さて、地獄の冬季練が始まって約1ヶ月が経とうとしています。まだ1ヶ月しか経ってないのか、、先が長いですね。だいぶ上智の練習にも慣れてきましたが、冬練には一生慣れそうもないです。毎回ケツワレと筋肉痛との戦いに負けてしまいます。あと冬に限ったことではありませんが年中食欲には勝てません。やっぱり冬季練は好きにはなれないですね。笑


でも、なによりもSTFの先輩や同期のみんなといる時間がその憂鬱さを晴らしてくれます。まだSTFに入って半年ほどしか経ってないですが、そんな風に思えることに幸せを感じています。きっとそれが自分の活力へと繋がっているんだなと思います。この冬練特有のみんなで乗り切ろうとする感じは嫌いじゃないです。結局好きなんだか嫌いなんだか分からないですね。笑でも陸上は基本的に個人競技ですが、それぞれの目標に向かって同じ場所で高め合いながら練習できる素晴らしい競技です!そんな素晴らしい陸上と素晴らしい仲間が合わさればどんな練習だって乗り越えられます。


いろいろ書きましたが総じて言いたいのは陸上に出会って、STFに入部して心の底から良かったということです。多分大学4年生までの時間は多いようで少なく感じると思います。全てをタラレバで終わらせるのではなく、きちんと行動に移して悔いのない4年間にしていきたいです。そして今はこの状況下でちゃんとした練習ができていることを大切に、様々なことを吸収して強くなりたいとブログを書きながら思いました。STFのみなさん、これからもよろしくお願いします!


 





きっとこのブログでSTFの良さと陸上の楽しさが伝わったはずです!このブログを見てる人の中にSTFに入部しようか迷ってる方や来年度の新入生がいることを期待して、この場をお借りして勧誘させてもらいます!

いまSTFは女子選手が少なく、基本的に短距離は各学年に1人ずつ、そして20の代は短距離・長距離に1人ずつしかいません。

なので女子選手を大大大大大募集しています!!!

もちろん男子選手やマネさんも大歓迎です!

興味のある方ぜひお待ちしております!




読んでくださりありがとうございました!

次はりか!よろしく〜!

C8C1DBCE-DEDE-4DE7-9C5A-39076FE10534.jpeg
posted by stf at 15:55| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

twelve world

短距離1年物質生命理工学科の前津郁弥(まえついくや)です。秋学期ももう中盤となり僕が見た目のわりに優しくて真面目だと部員のみなさんが気づいてきた頃かなと思います。さらに深掘りするとやっぱりやばい奴だということがバレてしまうのでそこまでにしといて下さい。

 

僕は高校で部活をやめましたが、大学で部活を再開しました。僕の出身校は小説「一瞬の風になれ」の舞台校で、当時この小説に動かされた僕はそれだけを理由に入学しました。けれど部活のやり方等々が僕自身に合わなく、腰痛と足底筋膜炎がひどくなったこともあり高2の春すぐに退部しました。入学した意味がないですよねわかります。その後はクラブチームに入りました。練習は週12程度しか行ってませんが、このクラブチームのコーチ陣は本当に素晴らしい方ばかりで大学でも陸上を続けよう思わせてくれました。コーチの方々またクラブの先輩方には本当に感謝しています、大好きです。

 

 

パパ、ママも大好きです。

 

 

入部して約半年、前主将と現主将の口車に乗せられ本格的にヨンパーのハードリングの練習に取り組むことになりました。400mにハードルが置いてある頭おかしい競技ですがハードルが休憩と思えるくらいのハードリングを身につけていきたいです。先輩、同期の人たち僕にくれぐれも優しく教えて下さい。20にもハードラーは他に2人いるので、今の僕の野望はハードルブロック(公認)を設立することと言っておきます。

多分無理です。




とりあえず20の皆さん大学1年目の冬季練頑張っていきましょう!

posted by stf at 09:41| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

まだ寝れません。今はコーヒーを飲み、卒業するために英語の論文をこれから読みます。

引退して4日が経ちました。関カレのオープンに向けて1ヵ月くらい前に陸上を本格的に再開して、無理やり試合に出た感じがあり、試合のダメージがまだすごくあります。疲れた身体と共に、陸上にかけていた想いだったり高校からの陸上競技生活をぼんやり振り返りながら過ごしてます。久しぶりの酒は飲もうと思ってもなんだか進まない、暴飲暴食しようとしても身体がなぜか受け付けない、そんな感じです。思うがままに飲みたいものを飲み、食べたいものを食べられる日はもう来ないのかもしれません。

こうして自分の気持ちをブログに起こすのはブロ長を退く時を含め多分2回目です。

 

 

僕の大学での陸上の目標は、「関カレのメダルを家族にかけてあげること」でした。

先日の関カレのオープンで直接目にした人もいると思いますが、今年の2月に妻子ができました。2人とも今は無事に、元気に過ごしています。

 

昨年夏、妻子の命が危ないんじゃないかと本気で思うことがありました。

 

その頃、自分は陸上なんてやってる場合じゃない、大学を中退して稼がないとと考えることもありましたが、そんな時も、家族は自分の陸上を応援してくれました。

この時から、自分の陸上は自分のためだけにやっているわけではない、「関東インカレでメダルを獲ること」は単なる目標ではなく、使命のように感じていたのも事実です。父親らしい生活は一切してないけど、背負うものがあるってこういうことなんだと。命をかけて俺の陸上を応援してくれてる限り、自分はそれに結果で応えるしかないと。陸上を続けさせてくれたことには感謝してもしきれません。何度泣いたかわかりません。

だから、自分にとって家族は、「生きる意味」でもあり、「陸上をやる意味」でもありました。

 

だからこそ、春の試合がなくなったから引退する、なんてことはできず、関カレのオープンに出場して引退することを決めたのが1ヵ月前です。そうして出場した関カレオープンでしたが、今回のジャーナルにも書いたように、これで本当に引退かと思ったらレースを前に足が震え、蜩cにバトンを渡せるか本当に不安でした。去年の上南戦みたいに転ばないように、なんとか必死に走りましたが、なんだか夢の中を走ってるような感覚さえありました。標準切れなかったのはこの自分のせいです。本当にごめんなさい。1ヵ月前まで一切部活に参加していなかった自分をリレーメンバーに入れてくれた後輩にはとても感謝しています。そんな後輩たちなら、僕が1年かけても切れなかった4継の標準を来春にスパッと切ってくれると思います。

 

 

 

今年の春、自分が掲げていた目標を達成できなかったことはつらい、目標に挑戦することすらできなかったことはそれ以上につらいです。ただ、自分に同情しているわけではありません。

最後に試合に出て、それなりの姿を見せて引退できて、今はとても気持ちがスッキリしています。自分なりに、陸上をやる理由というのを表現できたつもりです。また、結果を出すことよりももっと尊いものに出会えた気がします。

 

陸上ができて、僕はとても幸せでした。とても楽しかったです。

なんで足が速くなりたいのか、どうやったら速くなるか、と自問自答を続けた日々が僕の財産です。

後輩のみなさんには、自分にはできるできないとか考えず、野心を持って頑張って欲しいと思っています。そして、結果のその先にある景色を見てきてほしいです。応援しています。

 

最後に、こんな自分に関わってくださった先輩方、同期、後輩、監督、コーチ、全ての方々に感謝します。ありがとうございました。

 

 

上智大学陸上競技部短距離4年 茅根將功

posted by stf at 04:54| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

江口の履歴書。

部屋の電気がつかなくなりました、江口です。

固いことを書かなくて良いブログはなんだか久しぶりな気がします。 

普段からブログを読んでくれているのはやはり部内の人が多いように感じます。(おばあちゃんも読んでくれてるみたいです。元気してる?今年もお正月には帰るよ)
なので、少しでも話のキッカケになればと大学入学以前の江口についてつらつら書いてみようと思います。




小学校は埼玉の入間の方にあります。この間、車で久々に見に行ってきました。エモ田舎。
幼稚園から小学校低学年までの僕はだいぶイケてないです。少しぽっちゃり顔で、運動はできず、勉強も普通で、めちゃめちゃ泣く。
いつだかに「このままではいかん!」となって、色々変わりました。きっかけは忘れました。たぶん夜神月に憧れたとかそんなところ。 


そして身長も立派に伸びて、今の張嘉豊よりも少しだけ大きくなった頃に、中学に進学しました。
なんと場所は渋谷のいっこ隣の駅。2000日間、渋谷駅を通って通学しました。つまり僕は都民なんですね。


進学先は中高一貫の男子校で、まさかとは思いつつも本当に男子しかいませんでした。ウケる。かつメガネ率高くて、暗そうだ〜友達できるかな〜なんて思ってたんですが、そんな心配はいらず、気付けば僕もメガネでした。


高校に進級するあたりからバンドを組みました。
軽音部の中からグッパージャスで決めたメンバーなのに、今でもすごく好き。よく飲みに誘ってくれる好き。
そんな好きピ達とやっていたのは「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」というバンドのコピーです。他のバンドとかオリジナル作ったりとかもしましたが、9割ミッシェル。
オッサンのしゃがれ声が最高でして。


ちなみに、アイドルは中一から好きです。
13歳からしおりん推しです。ももクロを見て育ったので、反抗期とかは来ません。
そして、エビ中の中山莉子さん、BiSHのアユニ・Dさん、EMPiREのMAHO EMPiREさんと推しメンが増えていくわけです。人生。


高校時代の江口は、今とたいした変わりはないです。「騒ぐな!寝かせろ!」と周囲にキレ散らかしていました。
もこもこの座布団を椅子にひいて、机にはふわふわタオル、胸元にジーニーのクッションを抱え、スリコで買った枕と柴犬のブランケットに挟まれて寝る。そんな休み時間。
あまりの極上空間っぷりに、先生も起こすのをためらいます。そうなったらもうこっちのもんですわ。


そんな私は「体育優良生徒」として表彰されながら、卒業して行きます。精勤賞すらとったことの無い、休みがちな体育優良生徒です。そういえば卒業式の日は体育館シューズを忘れたので、当日に購買で買いました。卒業するから二度と履かないのにね。
 

 
以上が18歳までの江口です。
懐かしいことを書くのは楽しいですね。
こんなに楽しく書けるのになかなか書き出しが遅くて、ブログを止めてしまいました、ごめんなさい。
次に書くのは山崎みたいです。また見てくれよな。



最後に、
関東女子駅伝、箱根駅伝予選会、関東インカレに出場した皆さん
本当にお疲れ様でした!
なかなか抑揚のない1年になりかけていたところだったので、久々にアガりました。新しく部に加わった20たちの仲の良さ、優秀さも相まって、今の部の雰囲気はかなり良いと思います。
僕の主将としての任期もそろそろ折り返しです。後半戦も楽しみましょう!

posted by stf at 12:19| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

早く速く走りたい


はじめまして、短距離1年の藤原です。

秋学期も今日で3週目が終わり、皆様もこの生活にも少し慣れてきた頃でしょうか?僕は朝に愛犬が部屋まで起こしに来る生活に慣れはじめてきてます。1限がない日は二度寝してますが。これではもはやどっちが兄だかわかりませんね笑


関係ない前置きは置いておいて、初回なので少し真面目に陸上の話にします。先週、関東インカレが終了しました。僕は1日目に選手として、3日目に補助員としてこの大会と関わりました。今回は1日目ではなく、3日目に感じた事についててきとーに書いていこうと思います。当初、3日目の補助員を引き受けた理由は4×400mRの決勝が観たいからというやや不純な理由でした。もし陸上やってない人がこれを読んでいたのなら「関東インカレ マイル」か「神奈川県高校新人 2017 マイル」とYouTubeで調べてぜひ見てみてください。自分が走ってないのが悔しいほど鳥肌立ちます。正直な話をすると、仕事は一人で椅子に座って関係者以外を競技場内に立ち入らせないというなんとも退屈な内容でした。しかし、規模に限らずどの大会でもこのような補助員の仕事を引き受けてくださる方々のおかげで大会が成り立っているのだなと思い、いつもとは違う視点で大会を見ることができました。今後も多くの大会に出場させていただくと思います。その時には、サポートのメンバーだけでなく大会運営に携わっている方々にも感謝して走りたいと思います。


そして長距離の皆さん、明日の予選会頑張ってください!

これからの上智大学陸上部、20をよろしくお願いします!

次は愛結おなしゃす!

posted by stf at 13:23| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

残り一分、ぎりぎりの更新

 短距離ブロック二年の蜩c亮介です。久しぶりのブログ更新でやり方を完全に忘れていてめちゃ戸惑いました。しかし、約二か月に一度ブログの更新の順番が回ってくるので慣れなくてはなって思う次第ですね。今回の周では自分がちょうど折り返しで、早くも一周回りそうな勢いですが、たくさん19の人たちがブログを書くことになるので、それを読んで上智大学陸上競技部はもちろん19のことについてもより知ってもらえたら嬉しいです。
 さて、とうとう関東インカレの開催も決まり、その他の競技会も増えてきて少しずつ状況が良くなってきているのを実感しますね。自分は、関カレの一周前に横浜市選手権という大会が控えています。横浜市選手権では400と200で出場する予定ですが、200では高校の時の先輩で先日100mでPB(10.70) を更新した先輩も出る予定で、一緒に走れる可能性があるかもと思うとワクワクします。また、400では関カレでの400も控えているので、完全に忘れてしまった感覚を少しでも取り戻し、より高い順位で終え、いい感じで関カレに繋げていけたらいいなと思います。そして、コロナの影響でみんな思うように集まれなかったり、思うような練習ができない状況ですが(特に自分は家の事情などにより都心に行く頻度を極力減らさなければいけない状況で、公共交通機関を利用せずに行ける競技場で練習をするという環境ですが)、そんな中でも自分の走りや結果に同じ部に所属し共に陸上競技を頑張っている仲間が希望を感じてくれる、そしてみんなに応援してもらえるような走りをしたいと思います。(これで散々な結果だったらめちゃ恥ずかしいですけどね…w)
 横浜市選手権が三日後に迫ってきたため、今日は刺激を入れに行きました。授業終わりで空いている競技で一人でやるというかなりきつい状況で、しかもいつもは刺激として300を走るのですが、久しく400を走っていないということで今回は400を走りました。滅茶苦茶しんどかったですね、ブログを書いている今もきついですからw。せっかく400を走るのだから少しでも修正ポイントを見つけたいということで、人見知りで有名な自分が勇気を振り絞って、練習に来ていた高校生に動画を取ってもらいました。(湘南高校の方ありがとうございました。)走った感触としてはちょっと前半出しすぎちゃったかなという走りでした。まだまだ、修正ポイントが残る不完全な形で大会に臨むことになってしまいますが、今自分に出せる精一杯を発揮したいと思うので応援よろしくお願いします。また、自分は関東インカレの10月9日に行われる400mに出場する予定です。そちらのほうも全力で挑みますので是非応援のほどよろしくお願いします。
posted by stf at 23:59| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

Think Positive, Be Positive!

こんにちは!1年ちょっと振りにブログを書きます、短距離2年の竪です。

もうすぐ夏休みが終わってしまいますね…1日中パソコンと向き合う日々がまた来るのかと思うと憂鬱です。

本来であれば、私は今ドイツで留学生活1ヶ月目を終えるところでした。陸上ができる大学を選んでいたので、平日は陸上と勉強を頑張り、週末には観光したりと満喫していたはずだったと思うと悲しいです。でも同時に、まだまともに言葉を話せない外国でのはじめての一人暮らしに苦戦していただろうし、ビールとソーセージでぶっくぶくになっている自分を想像するのも恐ろしくて…笑

何より、STFで暫く走れないことが心残りになっていただろうと思うと、案外中止になってホッとしている自分もいます。そのくらい私にとってこの部活は大切な居場所です。留学を中途半端な気持ちでは迎えたくなかったので、今の私にはこっちで陸上と向き合い続けることがベストだと思っています。

今年はコロナでひたすら振り回されている年ですが、何事もポジティブに捉えて今自分がやるべきこと・できることを頑張っていこうと思います。

来月からやっと試合に出れるので今はすごくやる気に溢れています。丁度1年前、関東新人で初めてマイルを走ることになって、パニック状態になっていた自分が懐かしいです。緊張しやすくて本番に弱いのは、相変わらず今も変わっていないですが...でも走りは去年よりきっと成長していると信じて、自信を持って夏の練習成果を発揮したいと思います!

次は蜩c!よろしく〜
posted by stf at 21:31| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

もう3年生

短距離ブロック2年の清島です。
来学期からもう3年になってしまいます。上智大学に来てから3年経つのだと考えると早すぎとしか言えません。特にコロナの時期になり時間の感覚がもっと早まった気もします。もう後2年で卒業。このままずっと大学生のままでいたいですが、残念ながら永遠に大学生をやり続ける事はできないので、必死に将来のプランを作っている最中です。そんなストレスを溜め込む日々の中、昨日久しぶりに飼っているワンちゃん二匹をお風呂に入れました。いつもサロンでやってもらっているんですが昨日は気分転換をかねて自分でやることにしました。慣れてない家でのシャワーに震える二匹、しかし最後までちゃんと嫌がらず頑張ってくれました。不安の中、頑張る二匹を見てたら自分も頑張んなきゃとやる気が入りました。皆さんは最近どんな事が頑張るための力になってますか?
posted by stf at 22:02| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

「丁寧な暮らし」をしている人は部屋がキレイで遮蔽物が少なく、日々の行動パターンが一定であるため狙撃しやすい

世話になっております。

短距離3年の秋池苑子です。


1年半ぶりのブログなので、さすがに内容について熟考しました。今年の意気込み、目標など、、、。幹部代ですが、無能ゆえの無職なので私は誰よりも背負ってるものが軽いです。なのでこの場で大したことを言うのは憚ります。息抜き程度に読んでくださったら幸いです。

今回は頭脳を使わなくても読めるような内容を目指しました。以下本編です。


初めてブログを書いた1年生の時がついこの間のように思えてなりません。時間が過ぎるのはあっという間で、気づいたら3年生です。確か1年生の時にはGPAが息してないとかバイト先がブラックで息してないとか書いたような気がします。気がしてるだけで全く覚えてません。現在も特にその辺に変わりありませんが、毎年STFメンバーは変わりますね。やはり後輩達の存在はとても大きいです。特に今年は短距離に沢山1年生が入ってきてくれて本当に嬉しいです。1920の後輩一人一人が可愛くて愛しいです。


後輩が増えるとついババアのような感情が生まれてしまいます。常に見た目はアラサーに間違えられますが、まだまだ若くありたいものです。


大学に入ってからというもの、自分自身や他人との関係についてよく考えさせられました。個人的に色んなところで色んなことがありました。本当に色々なことがありましたが、最後に言えることはただ一つだけです。私は陸上部のみんなが大好きです。残念ながら、引退前に先輩や同期や後輩で欠けてしまった人たちが沢山います。彼らは私のことはもう忘れてしまっているでしょうが、私はみんな覚えています。ほとんど話したことがない人もいますが、私は勝手に仲間だと思っています。その人達、引退された先輩方、今まで共にいてくれた同期、かわいい後輩達、その全員が私にとって何にも代えることのできない存在です。


3年生ともなればこんなクサイ台詞もサラッと言えてしまうのです。どうだすごいだろう。

人見知りなので自分から1年生に全然絡めてませんが、話したい意欲だけはあるので、どうか私と話してください。お願いします。



次は、あんなに細いのに以前ボクシングをやってたなどと供述しているえぐちこうだいですお楽しみに。

posted by stf at 23:04| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

ハードラーって主将とか部長になりがちですよね。今までたくさん人生のハードルを乗り越えてきたからですかね。

お久しぶりです。1年間STFの主将を務めさせていただきました。短距離ブロック4年大木 勇人です。



私は今までの人生において、人をまとめる立場に立つことがあまりなかったということもあり、前途多難な主将生活でしたがたくさんのひとに支えられて無事に任期を終えることができました。ありがとうございました。

最初の頃は全体の前で挨拶するのもままならず公式新歓では言葉に詰まってしまったことを今でも覚えています。少しは人前で話す事に慣れたとは思うのですがどうでしょうか?

大勢の前で話したり、初めて経験する事がたくさんあったので個人的には成長を感じる事ができ、とても良い経験になりました。特に成長を感じる事ができたのは自分の欠点であった積極性の無さを補う事ができた事です。

私は走りに積極性が無く短長所属なのにも関わらず体力が無くなるのを怖がり良い結果に結びつかない場面が多数ありました。俗に言うチキると言うやつですね。練習の時も自分から引っ張る事は一切無く人の後ろばかり走っていました。2年生の関東インカレ4×400mRでは4走を務めさせていただいたのですが、前半抑えて入り後半上げきれず先輩との夢を潰してしまうという悔しい結果に終わりました。

このように積極性が無かった私ですが主将という言葉の重み、責任感から積極性を持たなければならないと心掛けるようになりました。主将として初めて臨んだ対校戦である4大戦では4×400mR1走で初めて最初から突っ込んで積極的な走りができました。私だけの力で勝てた訳ではありませんが勝つ事が出来てとても嬉しかったことを今でも覚えています。その後も主将としての責任感から練習で自ら引っ張る場面も多くなり、今までよりも価値のある練習を積む事が出来るようになりました。1人の競技者としてもとても成長する事が出来たと思います。

他に印象に残っていることとしては4大戦、上南戦、10大戦と3回も選手宣誓をさせてもらったことです。主幹校になる確率的に考えるとSTF史上唯一なんじゃないかと思います。



主将としての活動を通して1番感じたことはSTFはたくさんの人に支えられて成り立っているという事です。今までのSTFを創り上げてきたOB.OGの皆様や監督、コーチなどにはとても感謝しています。

現役部員の中でも就任前は知らなかった部内の動きがたくさんあり、日が過ぎるに連れ部員達の活動を誇りに思うようになりました。組織内にたくさんのブロックや係、役職が存在していて皆が部の存続や活躍の為に動いている。学生主体でその動きをすることは社会に出てからも活かす事ができる経験になると思うので現役部員の皆さんはこれからのSTFを創っていく者として自信を持って活動して欲しいです。



本来であれば今日は関東インカレの最終日の予定でしたね。コロナのないパラレルワールドでは決勝に残って格好良く勇退する予定だったのになぁ

まだ開催の可能性は大いにあると考えているので残り少ない競技生活を悔い無く終わらせるために今出来ることをこれからも全力で頑張りたいと思います。千葉県選手権、関東理工系、松戸選手権など出たい大会がたくさんあるのでまだ引退はしません。する訳がありません。




最後になりますが主将という役職は私では力不足な部分も多々あったと思いますがたくさんの協力ありがとうございました。明日から主将の江口は私の10倍くらい頼れる人だと思うのでとても期待しています。期待してるのは江口だけで無くSTF全員なので悪しからず。現役部員の皆様には歴史ある団体の一員であるということを誇りに思ってこれからも活動し続けて欲しいです。


                  STF17主将 大木勇人






posted by stf at 17:15| Comment(1) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

ブロ長ってなんなんだろうなあ

みなさん、お久しぶりです。短距離ブロック長の茅根將功です。
最後に集合練習をしてからもうすぐ3ヶ月くらい経つでしょうか。
もう僕はブロック長としてこの部活に関わることはなくなるということで、1年間の振り返りをしたいと思います。小学生のときに生徒会長やったり、高校のときは陸上部の部長やったりしましたが、こういう感じは久しぶりでなんだかちょっと緊張します。

本当は今日から関カレだったんですかね、なんかもう別の世界を生きているようですが、新入生のみなさんにとっては大学での陸上生活の目標を考える機会になったはずだったかなとか思うと、みんなで乗り越えていかなきゃいけないんだなあと。


とりあえず、僕が1年間ブロック長をやって感じたのは、前任者の斎藤さんを始め歴代のブロック長の短距離への想いです。
斎藤さんと僕では全くやり方は違ったとは思いますが、1、2年生の時には先輩たちにご迷惑をかけて申し訳なかったなあと1年間ブロ長をやって思います。あくまで僕の中では、ですが、練習メニューを決める=みんなを観察する、なんです。どんな練習をした方がいいかなーとか考えるのは練習以外の時間の方が多いですが、練習中のみんなの様子を見てないと、やっぱり、メニューを考えるなんてできませんでした。その点では、自分も先輩たちに愛情を受けてきたんだなと思いますし、自分も後輩たちを支えてやらなきゃなという思いで1年間過ごしてきました。

そんな思いとともに、短距離をより強くしたい(速さではなく強さ)と思ってはいました。僕自身、結果は残せないまま終わったけど、ブロ長として振り返ってみて、できたことはあると思いますがまだまだやりたいことはあったし、自分にできることをやり残したまま終わった感は拭えません。なので大学を卒業しても、後輩の様子はずっと気にしていると思います。

こんな形で1年が終わってしまうのは不本意ですが、みんなが今も元気でいてくれてたらそれだけで嬉しいです。

組織に対する自分の役割も考えつつ、幸せを感じ、もっと幸せになれるように今後も頑張ってください。
僕はいつ引退するのかわかりませんが、来年からは新しい日々も始まるので、いろいろと頑張っていきたいと思います。

1年間、ありがとうございました。

posted by stf at 22:53| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

新幹部による新歓ブログ〜短距離編〜

 お久しぶりです。

 次期短距離ブロック長の山崎です!

 先日カナダから帰ってきて、練習に復帰しようと思ったのですが近くの競技場も閉まっているとのことで全然走れてないです、、、

そこでこの2ヶ月の目標を決めました!

それは山崎=細いというイメージをなくすことです。筋トレに励み、たくさん食べ強くなります!

 さて、

 新入生の皆さん!入学おめでとうございます!コロナウイルスにより入学式や授業開始の延期など様々なことがイレギュラーで不安もあると思います、、、

大学のことに関してなど不安なことがある場合は気軽に聞いてください!!

さて、今日はstf短距離ブロックについて説明します。その前にまず、短距離について説明します。

 短距離とは主に400mまでの距離で速さを競う競技です。短くて約10秒間、長くて約70秒間のたたかいです。競技時間が短いためいかに0.1秒早くなるかを考え、練習で工夫し成果を出すという種目です!

 次にstf短距離ブロックについて説明します。短距離ブロックは関カレ(関東で1番大きな大会)にリレーで出場することを目指して練習しています!短距離種目は基本的には個人種目となるため同じ練習メニューでも意識するところは異なり、考え方も様々です。そこで、stf短距離ブロックは個々の考えを尊重し、自主性を大事にしています!また、リレーメンバー決定の為に仲間同士で切磋琢磨し競い合い緊張感をもって練習にのぞむことができます!また、今年は誰もが100~400mを走れるようにし個々の可能性を広げ、より競い合えるようにしたいと思っています。

 短距離に関してでも、陸上部に関してでもなにか気になることがあれば気軽に相談してください!


Twitter↓

https://mobile.twitter.com/sophia_tf1950

Instagram↓

https://instagram.com/sophia_tf1950?igshid=132s0k1ulwgf3


posted by stf at 09:00| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

部活ができることは幸せ

桜が咲いて、いよいよ春が、もう春が迫ってきていますね〜。早い。もうすぐ卒業いたします短距離ブロック伊藤汐里です。


新入生のみなさん、合格おめでとうございます。大学に入って新たな生活が始まる中で、期待も緊張感も高まっているかと思います。そんな中で、まだ分からないかもしれませんが、目標をもつこと、主体的に動いていくことを大切にしていただけたらと思います。今までに比べてずっと拘束されない、自分に委ねられる生活になるんです。4年後にここからの生活が実りあるものだったといえるようにするためには、自らでその生活に価値を見いださないといけないんです。勉強なら勉強、バイトならバイト、部活なら部活、人によって違うかもしれません。でも、全てをやることもできます。

そう、この部活なら。陸上競技部なら。

そしてここでは、たくさんの仲間にも出会えます。今までの卒業生ブログを読んでいただけていたら、もううるさいほど読んでるかもしれません。でも本当に、いい仲間に出会えて、その繋がりは永遠です。ツイッターやインスタグラムをたくさん見てみてください。そんないい仲間になる部員の楽しそうな姿、かっこいい姿見られると思います。そしたらきっと陸上したくなりますきっと。

個人的には、もっともっと結果に拘りたかった。もっと目標を達成したかった。走りで感動を与える人になりたかった。競技の上で悔いはつきません。でも実のある大学生活にはできました。だからこの選択に後悔は決してないです。

走るの好きでも、見るの好きでも、初心者でも経験者でも、誰でも受け入れてくれる場所がここです。陸上競技部を選んで、大学生活を充実させようと少しでも思ってくれたら幸いです!

どうかみなさまの学生生活が後悔のない、実りあるものになりますように。


伊藤汐里

posted by stf at 19:32| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

飛翔


2020年卒業の野口と言います。


新入生の方々、ご入学おめでとうございます。これから始まる4年間に胸を躍らせていることと思いますし、大学では中学・高校とは違い、自分の好きなこと興味があることに存分に打ち込める環境が整っています。しかし、この4年間は想像以上に早く、あっという間に過ぎていきます。なので、新入生の皆さんには自分の夢や目標が4年間で実現できると思う団体を見つけて欲しいですし、それが陸上競技部だったらなによりと思います。



私自身も陸上部に入り、気づけばすぐ卒業の時期を迎えました。自分の弱い部分と向き合うことで成長ができたこと、先輩、後輩、同期と素晴らしい人に恵まれたことなど入部して良かったなと思うことをあげればきりがありません。けれども、思い描いていた目標ややりたいことを全部達成できたとは言えない4年間だと思っています。


陸上競技部で大きな結果を残している人の多くは4年間という時間が短いことを理解し、自身の目標に向かって自分が今すべきことを考え練習に励んでいるなと感じます。また、きっとそうしなければ大きな結果をだすことはできないのかなとも思います。


これから陸上部に入る新入生もそういった人たちの助けを借りて、自分の目標に向かって充実した大学生活を送って下さい。

応援しています!

posted by stf at 20:34| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

There is always light behind the clouds

こんにちは。4年の高橋悠紗子です。

1、2年の頃は沢山わがままして周りの方々に迷惑をかけまくってしまい、3年になってやっと少し大人にり自分の置かれている場所、周りの方々が見えるようになってきて、4年では一番近くで苦楽を共にしてきたSTFのみんなともっともっと上の世界を見たくて、どうやったらみんなで強くなれるのか必至に考えた、そんなめまぐるしい4年間でした。


大学生活は色々な選択肢があるけれど、私は必死になってチーム、自分と向き合い追求し続けたのが大好きな陸上というスポーツで、その場所がSTFで本当に良かったと心から思っています。


今までの人生で味わったことのないくらい悔しくて悔しくて仕方ない経験も、一生忘れることのない達成感や嬉しい経験も、お腹がよじれるくらい笑える面白い事も、全部ここで経験しました。
そんな経験を一緒にしてくれる大好きで誇れる後輩たち、そしてやる気があればとことん指導してくださる監督、コーチがここにはいます。


ぜひSTFに入って、まだ見たことのない世界を見に行ってください。

応援しています!!



短距離 高橋悠紗子


posted by stf at 22:36| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近況

お疲れ様です。長距離1年の小池日南子です。
ブログに書けるような出来事も特にないので、今回は自分の近況について書いていこうと思います。
最近は、調子が悪くこのままシーズンインすることに不安があります。その原因は練習不足にあることはずいぶん前からわかっているのですが、どうにもやる気が起こらず、練習量が減り、その結果タイムが出なくなる。そして、タイムが出ないからやる気もなくなる、といった悪循環の中にいます。春休みに入れば集合練習が増えるし、嫌でも練習量増えるからなんとかなるかな〜と甘く考えていましたが、調子があがる感覚も今のところありません。嫌になっちゃいますね。
ここまでネガティブなことばかり書いてしまいましたが、今の自分にできることは、確実にこなせるペースで練習を着実に積み、自信をつけることです。今更こんな当たり前のことをもっともらしく書くのもおかしいですが、今の自分に足りなくて必要なことであるのもまた事実なので、コロナでシーズンインが先延ばしになったことをよい機会だと思って少しでも調子をあげていきたいです。
posted by stf at 13:28| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

希望の光

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
短距離ブロック4年の齊藤 巧と申します。

みなさんは、これから始まる大学生活にきっと大きな期待を持っていることと思います。
目標を持って何かに打ち込みたい人、新しい何かに挑戦していきたい人、様々な想い、夢を叶えられるのが大学生です。
その中で、上智大学陸上競技部には、夢や目標を持って全力で取り組んでいる仲間がいます。

ここで、STF(上智大学陸上競技部)の魅力を二つ紹介したいと思います。まず一つが、陸上競技を初めて挑戦する人、受験でブランクを抱え不安を感じている人でも安心して取り組める環境が揃っていることです。私自身も高校まで陸上部でしたが、大学で体育会の部活動に所属することに大きな不安を抱えていました。しかし、いざSTFに入部すると、優しい先輩方が技術面はもちろんのこと、大学での生活面(授業の取り方・過去問)など多方面からご指導頂き、大きく成長することができました。

そして二つ目が、かけがえのない仲間に出会うことができることです。もちろん、体育会の部活である以上、辛く、苦しいこともあります。しかし、同じ目標を持つ仲間がいるからこそ、ともに困難を乗り超え、より深い絆を築くことができます。時には、同期とともに海外旅行や温泉旅行に行き、最高の思い出を作ることができました。

最後になりますが、みなさんが充実した大学生活を送られることを心より願っています。ぜひ、STFにも足を運んでみてください。
posted by stf at 07:54| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする