2021年03月29日

【卒業生ブログ】君の中の少年

僕にとって、STFでの4年間は
とても、とても、充実した4年間でした。

STFの良さを新入生に伝えるにはどうしたら良いのか、とずっと考えてきました。
4年間、振り返ると何事にも変え難い思い出や経験が出来た、本当に充実した4年間でした。

人生100年時代、その中のたった4年間。凄く短いように感じると思います。そのたった4年の間に、日本の学生陸上選手はとてつもない熱量を注いで、喜んだり、泣いたり、笑ったり、陸上を通して沢山の経験をしているのではないでしょうか。

充実した4年間を過ごしたい、と思った時に、例えば「恋人が欲しい」とか、「友達と沢山旅行に行きたい」など、楽しいことを思い浮かべる人が多いと思います。
辛い事、悲しい事、悔しい事。そんな目を背けたくなるような事を想像する人は居ないでしょう。

陸上は、短距離選手なら長くても1分、長距離選手でも1時間と少ししか試合では走らないし、走っている時はもちろん辛いです。
それでも陸上が楽しい、続けたい、もっと速くなりたい、と何度も思えるのは、どんな競技よりも辛い時間が長く、それを乗り越えた先に結果が待っているからだと思います。

全て簡単に行くこと程、つまらないことはありません。道程にあらゆる困難や障害があってこそ、それを乗り越えるという目標に対する達成感は何事にも変え難いです。それは立ち塞がる壁が大きければ大きいほど、乗り越えた充実感もとても大きいものになるでしょう。

大学生活で、苦しかったこと、辛かったこと、本当に数え切れません。何度も泣いたし、何度も挫けそうになりました。でもそれに負けないくらい楽しい思い出や、嬉しい思い出も沢山あります。そんな思い出が出来る度に、辛い事に向き合ってきた自分自身は間違っていなかったと強く思います。

勿論、結果は約束されているものではないですし、4年間という期間はとても短いものですので、どうなるかは分かりません。

しかし、4年間陸上に情熱を注ぎ、仲間と結果を追求するという過程は、卒業を迎えた時に、充実した日々として思い返す事が出来る事は保証出来ます。

新入生の皆さん、STFに入り、沢山の成功や失敗、努力の日々を通して、充実した日々を過ごしませんか?


ここからは、今いる現役部員の皆んなへ。

上述もしましたが、4年間という時間は長いようでとっても短いです。「やっとやる気が出てきた」とか思っている時にはもう卒業なんて事もきっとあるでしょう。

今の皆んなは、胸を張って「陸上を頑張っている」と言えますか?
頑張っているかどうかは主観的な判断しか出来ないし、価値基準は人それぞれなので、普通はあまり明言出来ないです。

しかし、今、言える事は、「まだまだ頑張り足りない」という事です。それはどのOB、OGさん達が見ても、です。
こんな事言われて悔しいでしょう。でもそれが現実です。
STFは僕が知っている中で(先輩達から聞いた話なども含めて)今が一番「部活じゃない」です。

そもそもそんな真面目にやりたかったらスポーツに力を入れている大学に入れば良かったとか言う人もいるかもしれませんが、本来、部活というのは本気でそのスポーツをやりたいという気持ちで始めるもの。暇つぶしや、趣味程度であっていいはずありません。

今の状況をサークルと喩える人もいますが、そう言うのも失礼なくらい、良くない状況です。(真面目にやっている人ごめんね。)

先日、「応援される選手はどんな選手だと思うか」と同期の1人が言いました。
僕もどんな選手だろうか、と考えました。人の為に一生懸命になれる選手、泥臭く努力できる選手、誰かを一生懸命応援できる選手、陸上を心から楽しんでいる選手…
色々な想像をしましたが、少なくとも今の皆んなは心から応援出来ないです。

本当は、自分の大学の選手が、関東インカレで活躍する姿や予選会で好走する姿を見たい、と思っていますが、
そのような目標を自信を持って言える人はどれくらい居ますか?
自分の本当に達成したい目標はありますか?


陸上部に入っていると言うことに満足していませんか?


僕は本当に心配です。こんな心配な気持ちのまま卒業することになるのは、僕自身非常にやり切れない思いですし、チームの為にもっと出来たことがあったんじゃないのかと、悔しい気持ちにもなります。
僕のイメージは、多分テキトーでふざけていて、頭おかしくて、なんて思われているのでしょうけど、4年間、真摯に陸上に、チームに向き合って来たつもりでした。だけどまだまだ僕にはチーム全体を変える力はありませんでした。ごめんなさい。


卒業間近なってまで、部活に休まず行き、色々な事に口出してしまって、皆んなは老害と思っているかもしれないけど、
それでもチームがいい方向になって欲しいと強く思っているので、
もう少しだけ世話を焼かせてください。

卒業後は新宿で働くことになりました。練習にも顔を出すことが多いと思います。皆んなが変わっていく姿を直接見れる事を期待しています。
頑張れ。

経済学部経済学科 長距離ブロック 宮澤賢太
posted by stf at 18:25| Comment(0) | 2021 卒業生ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: