2020年12月15日

休部


お久しぶりです。短距離ブロックの山崎です。

もう12月です、、、

今年は特に時の流れが早く感じますね、、

2020年残りわずか無駄にしないよう頑張りたいです。


さて、今回は休部について書こうと思います。私は大学1年生の終わりに1ヶ月あまり休部しました。肉離れのせいで冬練に参加できず周りとの差が大きくなりモチベが低下し、なんのために陸上をやっているのかわからなくなってしまったからです。また、1年生の冬の時期はとにかく成長したいと言う思いが強く、そのためバイトで新しい学びを得たり、セミナーに参加する方が部活に出るよりいいと考えてしまっていました。このことを先輩に相談したら休部を勧められ、1ヶ月休部しました。

 休部中はバイトに熱中し、私は生徒に徹夜合宿の意義付けを考えている中で1つの考え方を得ました。それはどんな行動においても捉え方によって成長に繋げることができると言う考え方です。意味ないと思って行動した事でも振り返って見ると、その経験が活きたと感じた経験はありませんか??当たり前すぎる考え方だと思う方もいるかもしれませんが、当時の私にとってはこの考え方が陸上を継続する理由になりました。私は今まで成長するために、11つの行動に対して何が得られるかを考え選択してきました。当時は陸上に対して何が得られるかを考えた結果、よくわからなくなったのだと思います。休部を決めた時の私は目先の成長に囚われ、長期的に見る目がありませんでした。この考え方により中学から大学まで陸上を続けることで、今は成長を感じないかもしれないが将来感じることができるのではないかと考える事ができ、今でも部活を続けています。


現在考え事が多くなりすぎて病んでしまう人や怪我やモチベが低下してやる気がなくなってしまう人などいると思います。病んでしまったりモチベが低下するほど目先のことに目が行きがちで、視野が狭くなると思います。そんな時は考えすぎず、いつかこの経験がいきるだろうぐらいに気楽に考えてみてはいかがでしょうか??ポジティブに考えることが出来ない場合は、考えることを放棄するのはどうでしょうか??

少し違った視点で色々考えてみると気が楽になる事があると思います。

今年も残りわずか、頑張っていきましょう!


 

posted by stf at 12:00| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: