2020年04月03日

新幹部による新歓ブログ〜フィールド編〜

 こんにちは!新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!といってもあまり実感はないかもしれませんね。僕も年度が変わったという実感が乏しいです。フィールドブロック新3年の梶原 真です。2020年度のブロック長を務めます。このブログは雰囲気を知ることができない新入生の皆さんに向けたものなので、フィールドブロックの魅力と取り組みをできるだけわかりやすく伝えます!

(※STFの活動拠点である真田堀グラウンドには棒高跳び、円盤投げ、ハンマー投げの練習環境がないことをあらかじめお知らせしますが、それでもやりたい!という方がいれば、なんとかできるかもしれないのでぜひご連絡ください。)
 

 フィールドブロックの魅力はアットホームな雰囲気なのですが、より正確に表現するためにインドカレー屋の陽気な店員になりきって紹介しま〜す。
 ナマステ〜。フィールドのフンイキを紹介するヨ〜。正直、これを差し置いてサイショに紹介することなどほかにないネ!メンバーは走り幅跳びが3人、走高跳が2人、砲丸投げが1人いるヨ。種目の壁を越えてみんな活発にコミュニケーションするネ。長期休暇なんかで午前にレンシュウしたときフィールドのメンバーでよくお昼を食べに行くネ。これが楽しいヨ。最近はナンカレーが流行っているヨ。競技力の向上はダイジ!でも部活に入ると競技以外の時間を共に過ごすが多いヨ。いまのメンバーは歴代の先輩のたちの親しみやすいフンイキに魅かれた人たちデスカラ、しっかり引き継いでいるネ。ココ イイトコロ!アリカト ゴザイマスッ!フィールドの陽気な同期がいろんなノリを生み出すので退屈したことがないです。(笑)

 
 次に取り組みですが、その前に普段の流れを紹介します!STFでは、授業期間中は週3回、長期休暇中は週5回練習しています。(詳しくは下記URLからSNSアカウントへ!) 授業期間を例にすると、走り練習1回(織田)、補強メニュー1回(真田堀グラウンド)、技術練習1回(夢の島)で練習しています。技術練習は各自で行いますが、人数の関係で一緒にやるべき走りメニューと補強メニューではそれぞれやりたいことが異なる場合があります。その場合、ブロック長にあらかじめ相談し、メニューを変更するか、単独でやる、あるいは短距離のメニューに参加するなどいろんな対応ができます。また、活動日以外は真田堀グラウンドの一角で自主練習もできます。
 こうした流れで練習をしているわけですが、投擲と跳躍、幅跳びと高跳びという異なった競技特性をもった種目が一緒に練習をしなければならないこの環境をプラスに変えるため、日々の発見を記録する練習日誌をオンラインで書くという取り組みをしています。こうすることで、違う種目だから参考になる気づきを逃さないようにしています。
 

 フィールドブロックでは、やりたい練習にアドバイスを受け、与えながら取り組むことができます。大学からフィールド種目を始めたい人、不安がある人は怖気づく必要はないし、フィールドで自分の技を磨きたい人はしっかりと自分の方向性を見極めれば有意義に過ごすことができます。


 フィールドは人数が少ないですが、僕は2020年度のブロック長として、個が全体を作り、全体が個を作るという見通しの下、個人の特性を生かした強いブロックを、1年かけて可能な限り作ります。では競技場でお会いしましょう。




以下URL

HP ↓
 https://www.sophia-tf.com/

twitter↓
 https://mobile.twitter.com/sophia_tf1950

instagram↓
https://instagram.com/sophia_tf1950?igshid=132s0k1ulwgf3


posted by stf at 17:57| Comment(0) | 全体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: