2020年09月30日

残り一分、ぎりぎりの更新

 短距離ブロック二年の蜩c亮介です。久しぶりのブログ更新でやり方を完全に忘れていてめちゃ戸惑いました。しかし、約二か月に一度ブログの更新の順番が回ってくるので慣れなくてはなって思う次第ですね。今回の周では自分がちょうど折り返しで、早くも一周回りそうな勢いですが、たくさん19の人たちがブログを書くことになるので、それを読んで上智大学陸上競技部はもちろん19のことについてもより知ってもらえたら嬉しいです。
 さて、とうとう関東インカレの開催も決まり、その他の競技会も増えてきて少しずつ状況が良くなってきているのを実感しますね。自分は、関カレの一周前に横浜市選手権という大会が控えています。横浜市選手権では400と200で出場する予定ですが、200では高校の時の先輩で先日100mでPB(10.70) を更新した先輩も出る予定で、一緒に走れる可能性があるかもと思うとワクワクします。また、400では関カレでの400も控えているので、完全に忘れてしまった感覚を少しでも取り戻し、より高い順位で終え、いい感じで関カレに繋げていけたらいいなと思います。そして、コロナの影響でみんな思うように集まれなかったり、思うような練習ができない状況ですが(特に自分は家の事情などにより都心に行く頻度を極力減らさなければいけない状況で、公共交通機関を利用せずに行ける競技場で練習をするという環境ですが)、そんな中でも自分の走りや結果に同じ部に所属し共に陸上競技を頑張っている仲間が希望を感じてくれる、そしてみんなに応援してもらえるような走りをしたいと思います。(これで散々な結果だったらめちゃ恥ずかしいですけどね…w)
 横浜市選手権が三日後に迫ってきたため、今日は刺激を入れに行きました。授業終わりで空いている競技で一人でやるというかなりきつい状況で、しかもいつもは刺激として300を走るのですが、久しく400を走っていないということで今回は400を走りました。滅茶苦茶しんどかったですね、ブログを書いている今もきついですからw。せっかく400を走るのだから少しでも修正ポイントを見つけたいということで、人見知りで有名な自分が勇気を振り絞って、練習に来ていた高校生に動画を取ってもらいました。(湘南高校の方ありがとうございました。)走った感触としてはちょっと前半出しすぎちゃったかなという走りでした。まだまだ、修正ポイントが残る不完全な形で大会に臨むことになってしまいますが、今自分に出せる精一杯を発揮したいと思うので応援よろしくお願いします。また、自分は関東インカレの10月9日に行われる400mに出場する予定です。そちらのほうも全力で挑みますので是非応援のほどよろしくお願いします。
posted by stf at 23:59| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

あと1日!

 いよいよ大会の前日になりました。

 本日の担当は長距離4年金子万葉です。私たちのブログを読んでくれている方、応援のメッセージを送ってくださった方、本当にありがとうございます。


 今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、オリンピックを始め多くのイベントが延期になりました。外食しにくくなったり、大学に通えなくなったり今までの生活が大きく変わりました。失って初めて気が付くことがあると言いますが、友達に会うことや記録会に出て応援し合うことができなくなるなんて私は想像もしていなかったです。幸いなことに部活は再開し、私たちは目標としていた大会に出場することができます。ブロック長や外務、部員をはじめ、出場を認めてくれた学連の方々にも深く感謝します。


 コロナの影響で当たり前の日常が変わっていきましたが、それと同時に大学生活が終わる年を迎えました。中学一年生から当たり前だった陸上部での練習がもうすぐ終わりを迎えようとしています。私は決して走力があるわけではありませんでしたが、小学生の持久走で褒められたことが嬉しく、陸上部に入りました。

 それから10年経ち、振り返ると苦しいことと嬉しいことがありました。引退を目の前にした今やっぱり私は走ることが好きだったんだな、と思っています。部活中は、大好きだった陸上が、いつの間にか大嫌いになっていたり、一生やりたくないと思ったり、捨ててしまいたいと思うことが何度もありました。それでも、本当は走ることが大好きでした。今後も市民ランナーとしてジョギング程度をすることはあると思いますが、競技として向き合うのは今年で最後になります。練習前は結構憂鬱でしたが、いざもうみんなと練習しなくなるのは寂しいです。


 STFでの部活動は、本当に人に恵まれた四年間でした。今年の女子駅伝メンバーとは出場するかを決めるミーティングから始まり、メンバー集めや5000mに向けた練習など試行錯誤しながら、周りの協力のもと出場を決めました。出ようと決心してくれたみんなに本当に感謝しています。また、最後の年に、このメンバーで選考会に挑戦できることを幸せに思います。


 私は最後まで憧れてきた強い選手にはなれませんでした。それでも自信を持って自分に出来ることは出来たと言える数ヶ月を過ごせたと思っています。

大好きなお菓子も我慢しました!

ぜんっぜん気付かれないけど春から5kg痩せました!

明日、私たちは頑張った!と胸を張れるように最後の1秒まで諦めずに走りたいです。


 今までのように皆さんの応援の中で走れませんが、私には一緒に走ってきた先輩方、同期、後輩たちがいます。応援してくれる皆さんがいます。走ってる時は一人だけど、一人じゃないです!

 

 当日はぜひご自宅から、練習場から、上智大学の応援よろしくお願いいたします。


光紗、唯、日南子、ほりまゆ、優里いっぱいありがとう!がんばろう!!!!


 長距離ブロック4年 金子万葉

posted by stf at 15:53| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

あと2日!


こんにちは!長距離ブロック3年菊池光紗です。全国女子駅伝選考会までついにあと2日となりました。

まず、今年も女子駅伝のスタートラインに立てることをとても嬉しく思います。ひなこのブログにも少しありましたが、ここにくるまで本当にたくさんの障壁がありました。何かあるたびに、女子メンバーのみならず、多くの方々に助けていただき、無事出場することができ良かったです。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

さて、当日は出走メンバーの多くが経験したことのない5000のトラックレースとなりました。12周半を自分たちより格上の選手たちと走ることになります。正直、めちゃくちゃ怖いです!!設定ペースで走り切れる確固たる自信があるわけでもないし、走り切れたとしても周りの選手たちとは何周差をつけられるのかなと思ってしまいます。

実は最近あのバスケ漫画、スラムダンクにハマっているのですが、安西先生の「最後まで希望を捨てちゃあいかん、諦めたらそこで試合終了だよ」という言葉に今の私は支えられています。このセリフ、ストーリーを知る前までは言ってしまえばただの綺麗事と思ってました。言うのは簡単だけどできないやろ!!って思ってました。でも主人公の桜木くんたちを見ていると、この台詞は本当に心に染みます。涙する人もいます。希望を捨てたらもうそこでその目標は終わりです。希望を捨てなければ実現の可能性はなくなりません。当たり前のことを言ってるかもしれませんが、9/9の江戸川で3000を走って絶望した後からかなりスラムダンクに助けられ、気持ちを強く持つことができたと思ってます。当日も、絶対に強い気持ちを持って、諦めることなく5000mを駆け抜けたいです。目標タイムに届かなくとも、ちゃんと頑張れたと思えるような、そんなレースをしたいです。

最後になりましたが、本当に多くの方々によるご尽力あってこその出走ですし、この試合は私たち6人のものだけではないと思っています。悔いのないように、そして応援しても後悔させないように6人全力で頑張ります!!!当日もどうぞよろしくお願い致します。

長距離3年 菊池光紗

posted by stf at 14:50| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

Think Positive, Be Positive!

こんにちは!1年ちょっと振りにブログを書きます、短距離2年の竪です。

もうすぐ夏休みが終わってしまいますね…1日中パソコンと向き合う日々がまた来るのかと思うと憂鬱です。

本来であれば、私は今ドイツで留学生活1ヶ月目を終えるところでした。陸上ができる大学を選んでいたので、平日は陸上と勉強を頑張り、週末には観光したりと満喫していたはずだったと思うと悲しいです。でも同時に、まだまともに言葉を話せない外国でのはじめての一人暮らしに苦戦していただろうし、ビールとソーセージでぶっくぶくになっている自分を想像するのも恐ろしくて…笑

何より、STFで暫く走れないことが心残りになっていただろうと思うと、案外中止になってホッとしている自分もいます。そのくらい私にとってこの部活は大切な居場所です。留学を中途半端な気持ちでは迎えたくなかったので、今の私にはこっちで陸上と向き合い続けることがベストだと思っています。

今年はコロナでひたすら振り回されている年ですが、何事もポジティブに捉えて今自分がやるべきこと・できることを頑張っていこうと思います。

来月からやっと試合に出れるので今はすごくやる気に溢れています。丁度1年前、関東新人で初めてマイルを走ることになって、パニック状態になっていた自分が懐かしいです。緊張しやすくて本番に弱いのは、相変わらず今も変わっていないですが...でも走りは去年よりきっと成長していると信じて、自信を持って夏の練習成果を発揮したいと思います!

次は蜩c!よろしく〜
posted by stf at 21:31| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと3日

お久しぶりです。短距離ブロック4年の堀江万友子(ほりまゆ)です。女子駅伝まであと3日となりました。これまでのカウントダウンブログを皆さんご覧になりましたか?まだ読んでいない方はぜひ一度、今までのブログを読んでください。選手の意気込みやそれを支えてくれた男子たちの思いが詰まっている良い文章ばかりです。

さて、今年は例年とは全く違う年になってしまいました。新型コロナウイルスの影響で春は集合練習は無くなり、その流れで大会もなくなり、4年生の引退試合も消えてしまいました。私たちの代の部員は最後の試合を迎えることなく時の流れで引退してしまったメンバーが多く、現在活動しているメンバーは少なくなってしまいました。
私は大学院に進学予定だったので引退試合はいつでもいいと思い、残って活動していました。しかし、同期とリレーを組んで関東インカレを走ることが出来なかったのが心残りで、私は「チーム競技の亡霊」と化していました。
そんな中、今回の関東女子駅伝のお話を頂きました。例年と違って襷を繋ぐわけではない、応援も少ない(無観客な上、サポートメンバーの人数も限られています)。それでも戦いたいという長距離女子チームの熱意を見て、「チーム競技の亡霊」は専門種目の距離よりはるかに長い戦いに参戦することにしました。これで亡霊が成仏するかは分かりませんが…笑

私の話が長くなってしまいました。カットしても良いところを残してしまい、ただただ長いブログになって読みにくくしてしまい申し訳ありません(反省はしていません)。
女子駅伝まであと3日、ホワイトボードに書いた「自己肯定感を上げる!」は、この長距離の練習期間にとても重要だと分かったことです。全然走れなかった長距離練習の時はどうしても気持ちが下向きになってしまいます。ですが、前よりもこれが出来た、耐えられる距離が伸びた、と自分を肯定してあげるだけで、なんだか次からも頑張ろう!と思えます。5000mのレースは一発勝負ですが、走っている最中辛くなっても自己肯定感を上げて走り切りたいと思います。できる!ほりまゆ、頑張る!

最後に、いつも陸上競技部を応援してくださる皆さん、本当にありがとうございます。当日は遠くから応援していただけると嬉しいです。

4年 堀江

posted by stf at 15:48| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

あと4日!


 こんにちは。と同時に初めまして。2年の山田優里と申します。今回ブログというものを生まれて初めて書くので、少し戸惑っております(^^;;


 私は中学・高校時代に陸上部に所属しており、大学に入ってからは競技から離れていましたが、今回陸上部の先輩から関東女子駅伝のお話しを頂き、1ヶ月半前に再び走り始めることを決めました。


 私は高校1年生の時に怪我をしてから2年近く怪我を繰り返し、苦しい経験をしたため、大学で競技を続けることを諦めました。それでも陸上自体はずっと大好きで、大学生活は充実していたものの陸上部に入らなかったことを後悔している自分が常にどこかにいました。そんな中、今回駅伝のお話しを頂き、短い期間でしたが陸上部の皆さんと練習を共に出来たことが、私にとってはすごく特別な時間で、コロナ渦で上手く身動きが取れない中、私の夏は最高に輝きました。


 私に声を掛けてくれた先輩を始め、1ヶ月半共に練習をした陸上部のメンバー、練習を常に支えてくれていたマネージャーの方々、この大会に携わっている全ての方々に感謝し、そして私が今走れていることに感謝し、本番は5000mという限りのある距離の中で、今私が持つ全てを出し切りたいと思います。

 応援の程、宜しくお願い致します。


2年 山田優里

posted by stf at 13:31| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

あと5日

お久しぶりです。西村です。


当日まで残すところあと5日となりました。正直今は不安な気持ちでいっぱいです。今まで5000をトラックで走った経験がなく、ペース感覚を掴むことが難しいということ、そして何より最近の絶不調で自信をかなり無くしてしまっています。

おそらく昨年も同じことを書いていたと思います。昨年と全く同じような不調を今年もまた繰り返してしまっています。

このご時世で集合練習ができなくなり、1人での練習の期間が多かったですが、その期間私は自分なりに練習をこなしたつもりでいたのですが、その結果がうまく表れず、走るのをやめたいと思ったほど精神的につらかったです。それでも走ることを続けることができたのは、周りの方のサポートがあったからこそです。日頃から選手のサポートをしてくださるマネージャーさん、どんなにひどいタイムを出しても、それを受け入れてアドバイスしてくださる先輩方、心を和ませてくれて練習中にはものすごく刺激を与えてもらえる同期、1人で練習となって不安な時にご指導いただいた監督、そして毎日頑張ったねと笑顔で迎えてくれる家族。本当にたくさんの人に支えられながら走っていることを改めて実感しました。たくさんのサポートを受けているなら、もっと頑張らなければならないと今はさらに強く思っています。

 

ホワイトボードに書いた『至誠通天』という言葉は高校の時から大切にしているもので、誠実に努力すれば、天も味方をしてくれる、つまり、誠実に一生懸命やっていれば、良い結果がついてくるということです。この教えに従って毎日コツコツを目標に走ってきました。この努力で天が味方してくれるかは分かりませんが、良い結果がついてきてくれると信じて、当日は自信を持ってスタートラインに立ちたいです。

 

最後に、いつも長距離女子を応援してくださる方本当にありがとうございます。私たちはこの日に向けて日々練習を積んできました。当日は皆様に直接応援していただきながら走れないのは非常に残念ですが、遠くから応援していただけるととても嬉しいです。全力で頑張ってきます!


長距離女子2年西村唯

posted by stf at 15:21| Comment(0) | 全体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

あと6日!

お疲れ様です。長距離2年の小池日南子です。この間ブログを書いたばかりですが、またすぐに出番が回ってきました。

本題の関東女子駅伝についてですが、8月の上旬にトラックレースによる選考会が決定してからここまでは本当にあっという間で、とうとう当日まで1週間をきりました。

この2ヶ月弱を振り返ってみると色々なことがありました。そもそもトラックレースに出場するか否か、出場するとしたら足りない人数をどう補うか、そしてやっと選手が揃ったかと思えば要項の条件的に出場できないかもしれない、など、、

そんな中でもこの6人でトラックレースを走れることを嬉しく思います。前回のブログにも書きましたが、出場にあたり多くの方々に協力していただきました。本当にありがとうございます。

会場に来ていただくことはできませんが、当日はチーム一丸となって頑張りますので、応援のほどよろしくお願いいたします。
posted by stf at 17:16| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

報われろ!!

長距離3年の重盛です。


ホワイトボード、汚い文字ですみません。

新メンバーの加入で国際色が強まった影響です。


長距離男子が出場する予選会は10月ですが、9月末の女子駅伝が迫ると、いよいよ自分の勝負の日も近いなと身が引き締まります。


さて、今年の長距離女子はここまでどう歩を進めてきたでしょうか。少し振り返ってみようと思います(長いです…)



昨年の12月、荒川駅伝を前にブロック長の任を引き継ぎ、チームの環境調整役として業務にあたることになりました。自分は大学から陸上を始めたので、所謂「セオリー」を知らず、これでいいのか?笑 と苦悶しながら仕事をこなしていました。


そんな折、前任の宮澤さんが「どうしてももう一年だけ長距離女子を担当したい。お前も男子で手一杯だろうし、悪い話じゃないと思う。」と話してきました。

たしかに僕は手一杯で、宮澤さんの熱意も強いし経験は豊富、だったらここは分業したほうが両チームのためになるだろうということで、女子の監督をお願いしました。

そして今のチーム体制に至るというわけです。


ときどき宮澤さんが女子チームのミーティングに混ざっている姿を見かけたことがあると思いますが、それにはこういう背景があるのです。

(ということを何となく部のみんなに知って欲しかったので書きました )



そんな長距離女子2020の出鼻をくじいたのが新型コロナウィルスです。感染症対策で大会は次々と中止になり、活動も自粛体制に。


今でこそ普通に競技場を利用出来ていますが、最初期の段階では外出そのものが社会的に嫌悪され、ランナーへの風当たりも強く、練習していいのかすら分かりませんでした。


走らないことは妥協とも取れるし、社会への配慮とも取れます。

選手として?学生として?誰かの家族として?どの立場を取り、何をすることが正しいのか葛藤したことでしょう。


ブロック長として「出来る最大限の努力を惜しまないように」という言葉で呼びかけてはいましたが、社交辞令というか、言うは易しというか、正直それ以上のことはできませんでした。



とにかく、環境は酷かったわけです。

しかしそれに屈することなく、チームは今日まで走り続けました。

集合練ができなくても、競技場が使えなくても、「それでも」と言って走り続けました。



うまくまとまりませんが、その努力が報われてほしいと心から願っています。

栄えある関東女子駅伝の舞台で、そこにしかない貴重な経験を積んできてほしいです。


なんだか宮澤さんのブログと似たような内容になってしまいました 

監督する側の想いは同じなのだと思っていただけると幸いです。


今回はごく限られた人数しか入場することができません。前日の夜でも当日の朝でもいいので、出走する同期や先輩後輩に、たくさんメッセージを送ってあげてください。

きっと励みになります。


応援の程、よろしくお願いします。




長距離ブロック長 重盛

posted by stf at 23:57| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

女子も長距離アツイです!!

女子駅伝まであと8日になりました。

長距離ブロック4年の宮澤です。


今年はコロナウイルスの大流行により、様々なイベントが中止、学生陸上競技においても同様でした。しかし、そのような中、駅伝からトラックレースに形を変えはしたものの、こうして無事開催、出場が決定したことを非常に嬉しく思います。


私たちの大学は、一時コロナウイルスの影響で集合が禁止され、各々で自主練をしなければならない期間がありました。指導者もおらず学生主体で行う非強化校である私たちに、個人で取り組んで記録を伸ばすノウハウなどあるはずもなく、非常に心配でなりませんでした。

しかし、共有している日誌では女子選手全員が毎日欠かさず練習に取り組み、どうすれば良いのか必死に考えている様子が伺えました。


私たちの部活動は常に「自主性」というものを大事にしています。

何が正解なのか、正しい努力とは何なのか、強化校などではある程度正しい道筋を示してくれる人がおそらくいると思いますが、そんな中、何も示されていない道を自分たちの力だけで探し当てなければならないのは非常に困難な事だと思います。

本人たちが最後納得の行くものになった時にやって来た事の正しさは証明されると思いますが、仮に失敗しても、それら全てを含めて、自主的に考え、自身で行動した「成果」となり、彼女たちを成長させてくれるでしょう。


話を戻しますが、世間での風当たりが非常に強い中、彼女たちはよく考え、行動し、頑張って来たと思います。


陸上競技の試合は大人になっても出れるかもしれませんが、学生として、このような試合に出れるチャンスは非常に少ないです。

そんな希少な機会を、大事にして、楽しんで、学生でしか味わえない経験を人生の大きな糧にしてほしいな、と強く思います。


最後になりますが、上智大学女子長距離ブロックの当日のご声援をどうぞよろしくお願いいたします。


長距離4年 宮澤

posted by stf at 20:03| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

もう3年生

短距離ブロック2年の清島です。
来学期からもう3年になってしまいます。上智大学に来てから3年経つのだと考えると早すぎとしか言えません。特にコロナの時期になり時間の感覚がもっと早まった気もします。もう後2年で卒業。このままずっと大学生のままでいたいですが、残念ながら永遠に大学生をやり続ける事はできないので、必死に将来のプランを作っている最中です。そんなストレスを溜め込む日々の中、昨日久しぶりに飼っているワンちゃん二匹をお風呂に入れました。いつもサロンでやってもらっているんですが昨日は気分転換をかねて自分でやることにしました。慣れてない家でのシャワーに震える二匹、しかし最後までちゃんと嫌がらず頑張ってくれました。不安の中、頑張る二匹を見てたら自分も頑張んなきゃとやる気が入りました。皆さんは最近どんな事が頑張るための力になってますか?
posted by stf at 22:02| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

「丁寧な暮らし」をしている人は部屋がキレイで遮蔽物が少なく、日々の行動パターンが一定であるため狙撃しやすい

世話になっております。

短距離3年の秋池苑子です。


1年半ぶりのブログなので、さすがに内容について熟考しました。今年の意気込み、目標など、、、。幹部代ですが、無能ゆえの無職なので私は誰よりも背負ってるものが軽いです。なのでこの場で大したことを言うのは憚ります。息抜き程度に読んでくださったら幸いです。

今回は頭脳を使わなくても読めるような内容を目指しました。以下本編です。


初めてブログを書いた1年生の時がついこの間のように思えてなりません。時間が過ぎるのはあっという間で、気づいたら3年生です。確か1年生の時にはGPAが息してないとかバイト先がブラックで息してないとか書いたような気がします。気がしてるだけで全く覚えてません。現在も特にその辺に変わりありませんが、毎年STFメンバーは変わりますね。やはり後輩達の存在はとても大きいです。特に今年は短距離に沢山1年生が入ってきてくれて本当に嬉しいです。1920の後輩一人一人が可愛くて愛しいです。


後輩が増えるとついババアのような感情が生まれてしまいます。常に見た目はアラサーに間違えられますが、まだまだ若くありたいものです。


大学に入ってからというもの、自分自身や他人との関係についてよく考えさせられました。個人的に色んなところで色んなことがありました。本当に色々なことがありましたが、最後に言えることはただ一つだけです。私は陸上部のみんなが大好きです。残念ながら、引退前に先輩や同期や後輩で欠けてしまった人たちが沢山います。彼らは私のことはもう忘れてしまっているでしょうが、私はみんな覚えています。ほとんど話したことがない人もいますが、私は勝手に仲間だと思っています。その人達、引退された先輩方、今まで共にいてくれた同期、かわいい後輩達、その全員が私にとって何にも代えることのできない存在です。


3年生ともなればこんなクサイ台詞もサラッと言えてしまうのです。どうだすごいだろう。

人見知りなので自分から1年生に全然絡めてませんが、話したい意欲だけはあるので、どうか私と話してください。お願いします。



次は、あんなに細いのに以前ボクシングをやってたなどと供述しているえぐちこうだいですお楽しみに。

posted by stf at 23:04| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

もう9月!

お疲れ様です。長距離ブロック2年の小池日南子です。

ついこの間まで課題に追われていたかと思えばもう9月になっていて驚きです。なのに調子は全然あがってきません。焦る!落ち込むのが分かっているのにわざわざ去年の練習日誌を見て、同じ練習でも去年はこのタイムで走れているのになあと思ってしまいます。
そういえばここ何回のブログは、調子が悪いとかモチベーションが低いとかネガティブなことばかり書いていたような気がします。この機会に調子もモチベーションもあげて次のブログは前向きなことを書きたいですね!

話は変わり、コロナの影響で関東女子駅伝は中止になってしまいましたが、代替レースに出場することになりました。また、出場するにあたっては、ほりまゆさんやゆうり、要項について学連に働きかけてくださったかほさんや重盛さんなど多くの方の協力を得てなんとか出場にこぎつけることができました。ありがとうございます。

調子が悪いうえに一緒に走る相手は格上ばかりと思われるので、不安に思うこともありますが、17の先輩方とチームとして走れる数少ない機会を無駄にしないよう今から気を引き締めて頑張ります。

ブログ久しぶりすぎて書くことが全然思いつきませんでした!すいません!

次はれいお願いします!
posted by stf at 23:00| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする