2018年12月11日

Face My Fears

先月、今シーズン最後の800m1500mを走り終えた。結果はどちらも自己ベストをマークすることが出来ず、しょっぱいタイムだけ出した。「来春には必ず標準を切る」とレース後に豪語したが、自分でもどこまで真剣に発言したのか、本当に来春までに成長出来るのか、ふつふつと不安がこみ上げてくる。記録を出さなければ僕にとって陸上競技をする意味なんてあるのだろうか。

 入部してから現在までの競技生活を振り返ると、まだまだ半人前も半人前、素人同然の走りばかり頭に浮かぶ。新歓で高木先輩を抜かすとこれまた一丁前に先輩に宣戦布告しておいて上南戦、予選会では大差ではないものの破れ、練習ではついていくことすらままならない。また、青木先輩の800mA標準切りに感化され、なんだか自分もA標に届くんじゃないかと思い、「次、標準切ります!青木さんに負けないです!」なんて言いながら試合での400mの通過が58秒。こんな通過タイムじゃ新人の標準だって切れやしない。案の定、標準切りには程遠いタイムだった。生意気な後輩で先輩方には本当に申し出ないです。そして、同期である植田には試合前の600mのレペで自己ベストを抜かされ、先輩方から「お前より先に植田がB標切れそうだな。」と言われた時は本当に悔しかった。結果、その週のレースでは標準切りは叶わなかったが、その後の植田が出場する記録会の日には手に汗握って試合結果を待つようになった。今シーズンに植田が僕の記録を上回ることは無かったが、普段共に練習して思うのだが間違いなく来年には追いつかれるだろう。いや、試合で100パーセントの力を出し切ることが出来ていないだけで、すでに実力は彼の方が上かもしれない。植田は僕と異なり、頭を使って陸上競技に取り組む。おそらく僕の何倍もの時間を陸上に費やしている。だからこそ彼から多くのことを学んだ。本当に良い同期を持ったと思う。

 ここまで、散々弱気なことを書いたが一つ貫き通したいことがある。やはり、先輩方、同期を追い抜くという気持ちは変わらない。もちろん、他大学の選手にも負けたくないし、最後に戦わなければいけないのは彼らだ。しかし、チーム内で激しい競争をしてこそ成長があると思う。来春に自分はどこまで成長するのか。それを決める冬季練習はもう始まっている。


中距離ブロック一年下津

posted by stf at 14:30| Comment(0) | 中距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

平成最期はどうでもいいけど学生最期とか信じられなくね?

日中は半袖でも過ごせる程の暖かさから、最近は一気に寒くなってきました。元々寒いのは嫌いで、服のおしゃれに差が出てくるしそもそも冬服高いからレパートリーが少ないしで本当に冬は嫌いです。(勤務地北に行くのだけは回避したい)

さて、先日福岡国際マラソンに出場しました。ですが20キロ以降から一気に脚が動かなくなってしまい30キロ手前で棄権となり、初マラソンはしょっぱいレースとなりました。

今回のマラソンでは福岡にも関わらず「上智大学ファイト!」という声援を多くいただきました。にも関わらずみっともない走りをしてしまい、ユニフォームを着ていることがこんなに恥ずかしいと思ったのは初めてです。棄権して車に乗せられたり降りる時には上智大学という文字をタオルで隠しました。

この4年間上智大学というユニフォームを着て箱根の予選会など多くの大会に出場してきました。大学名を背負うという、1年時に公式新歓にてユニフォーム贈呈という格式ばったものがある理由が今ようやくわかったような気がします。そしてそのユニフォームを着て上智大学陸上競技部のために走るのも、来週の荒川駅伝のあと1度となりました。今まで野球、そして陸上と自分なりに一生懸命取り組んできました。本気でチームのために全力を尽くすのも人生で最期です。今後たとえ仕事や運動においてチームで力を合わせて物事に取り組むことがあっても、それは〈利益〉という二文字が付いた純粋なものではない全く別の物です。一生の宝物である仲間たちと共に戦う駅伝は、常に結果を追い求めてきた私の最期の舞台に相応しいものとなるでしょう。

皆さま応援よろしくお願いします!アツい応援で心を熱くし、しっかりと防寒して身も暖かくして来てください。笑

                                       長距離 4年 小関
posted by stf at 21:03| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

襷って、書けない?

みなさんこんにちは。長距離ブロック4年石井です。2018年も早いものでもう12月に入りましたね。5000mでいえばラスト1周といったところでしょうか。今年やり残したことがある人もまだ間に合います。たぶん。

ちなみに僕は1222日の平国で大ベスト出して締めくくる予定です。



チームとしては荒川駅伝を控えてますね。対校男子は3位以内あわよくば優勝を狙えるメンバーだと思います。当日は彼らが過去最強のチームであることを示してくれることでしょう。荒川河川敷は寒くて風強くて応援も過酷ですが、応援・サポートよろしくお願いします。




さらに、男子はOPチームも1つ出場します。こちらは今後の中長距離を担う下級生中心のオーダーとなっています。(アンカーのみ4年)

特に、伸び盛りの1年生達の走りに注目してほしいです。

余裕があればOPチームにも目を向けてくれると嬉しいなと思います。

posted by stf at 16:17| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

12月です

こんにちは
長距離1年の今井です。最近は朝も寒くなって、気づけばもう12月です。今年1年を振り返ってみると、私にとっては変わらなかったことの方が少ないくらいに沢山のことが変わりました。全く誰も知らない状況に身を置いて、考え方も変わりました。それがいいことなのかあかんことなのかは置いておいて、1年前の自分と比べると色々やったなぁと思っています。

さて、再来週は荒川駅伝です。おそらく4年生引退前最後の駅伝です。お世話になった先輩方の走りをちゃんと見ておこうと思います。
posted by stf at 08:31| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

ぼちぼちSTF19のことを考える時期ですね

長距離1年の重盛です。

ブログを書くのはいつ以来でしょうか、こう機会が少ないと、特別な行事のようで緊張します。


まずは最近の競技状況を。

記録の方は順調に伸びており、入部以来PBも更新し続けています。とは言え、スタート地点が低いだけの話で、偏差値40の高校生がちょっと勉強すれば偏差値50までスッと上がるのと同じこと。しかもそんなにスッと上がったかと言うとそうでもないので、遅れをとっている自覚があります。

ですから、今後必要なのは一定の成長率を維持した持続的な進歩です。どこまで立ち止まらずに、かつ速いペースで伸び続けられるかを焦点に、この冬を鍛錬に費やしたいと思います。目指せ偏差値65


次に、私生活について。

自分はバイトでAO推薦塾の講師をしていて、推薦入試2次試験のピークを迎えた今は繁忙期です。

主な業務内容は、志望理由書や小論文を添削したり、大学の理念を解説したりすることなのですが、上智大学の崇高な理念を理解すればするほど自分の心の矮小さに赤面します。自分自身が反面教師的な。

ちょっと時間があるときに、「他者のために、他者とともに」という理念について考えてみてください、案外面白いです。(最近哲学的な話題をブログにするのがトレンドらしいので便乗)

少し話が逸れましたが、つい先日、そんな少し早めの受験シーズンの中、上智大学の推薦入試も行われました。

未来のSTF19達が無事に合格することを祈りましょう。アーメン。

posted by stf at 20:03| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

死から見た生


こんにちは、短距離3年の齊藤です。
もうすぐ12月、人肌恋しい時期ですが皆さんはどうお過ごしでしょうか。私は一人でバターチキンを食べて心を温めています。

まぁ、そんなことはさておき、タイトルにあるように「死から見た生」ということで今回は少し哲学的なお話をしようかと思いますので、もし興味があれば読んでください。

ブログを書くにあたり私の2018年を振り返ってみると、人生観の変わる衝撃的な出来事がたくさんある1年間でした。
そんな中でも最も心に残っていることが、人の死を間近で見たことです。

バイトからの帰り道、人が車に轢かれる事故現場に遭遇しました。私はとっさに助けに向かいましたが、車を動かせるわけでもなく何もすることができませんでした。後日、その道を通ると死亡事故発生現場の看板が立っていました。

私は、事故の日の夜からベットの中で「死」とは何かずっと考えていました。人間が開発した自動車によって人はこんなにも簡単に死んでしまうのか、そもそも何のために生きているのか、GPAの低い私には到底分かりようのない難題にぶつかりました。

そこで、家にあるGoogle Homeに「生きるとは何ですか?」と質問してみました。すると、「すみません、お役に立てそうでありません」と返信がきたのでAIの頭脳をもってしても分らない超難問なわけです。

結果、何か月考えても「人はなぜ生きるのか」への答えは見つかりませんでした。



しかし、、、、、、、、


一つだけ自分の中で大きく変化したものがあります。それは「生きることへの姿勢」です。

いつ訪れるかわからない死や、答えのみつからない「生きるとは」という課題にについて考えるのではなく、

毎日が楽しい最高の人生を送るために、「どう今を生きるべきか」を考えるようになりました。これによって多少辛いことがあっても、ポジティブに物事を考えられるようになりました。


皆さんもこれから死ぬほど辛い冬季練習が待ち構えていますが、今耐え抜けば、生きる喜びを感じれる最高の結果が待ち構えていると信じています。




P.S.  どなたか一緒にバターチキン食べましょう(^^)/
posted by stf at 16:54| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かわったこと

長距離ブロック1年の松尾です。早いもので入部してから半年以上が経ちました。今の自分は入部した時から変わったことがあります。それは陸上に対する気持ちです。自分は今まで陸上に対して真剣になることが出来ませんでした。ただ練習が終わるのを待つだけでした。しかし、今は少しでも意識が変わってきたと思います。どうしたら速く走れるかと考えるようになりました。
そして、陸上の楽しさが少しわかってきた気がします。これからまだまだ成長できると思うので頑張りたいと思います。
posted by stf at 00:16| Comment(0) | 全体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

前へ

 こんにちは。
長距離ブロック2年の金子万葉です。
関東女子駅伝から1ヶ月以上が経ちました。今年は襷を繋ぐことが出来ず、申し訳ありませんでした。

 5区の私が襷を繋げれば上智の襷は繋がることも、色々なことがあったけれど襷が繋がればなんとなく明るく終わることも、繋がらなかったら死ぬほど悔しいことも、分かってました。全部全部分かっていました。だから、どんなタイム差で来ても襷を繋ぎたかった。そうすれば少なくとも当日くらいはみんなで喜べたと思います。誰もいない中継所は驚くほど虚しかったです。

 あの日のことは絶対に忘れられません。駅伝後のOFF期間、駅伝から離れたくなって、陸上以外の予定を詰めましたが、それでもやっぱり頭の中は駅伝でいっぱいででした。

 私は本当はもっとみんなに「駅伝頑張ろう」と言いたいです。でも言えません。それだけの実力が無いからです。実力があってやることを分かっていれば自信を持って「私についてきて欲しい」と言えるし、標準切りが余裕な実力があれば「私が引っ張るから一緒に標準切ろう」と言えますが、今の私にそんな力はありません。しかし、先日ようやく標準記録の5'15を切り、「練習すれば絶対にみんなも切れる」と証明できました。自分に出来ることは少なくても、一つ一つやっていきたいです。

 新しいことを始めるのは怖いけど、今のままでいることはもっと怖いです。たくさん話を聞いてくれて、アドバイスをくれる優しくて頼もしい先輩方がいることに感謝して、恐れず来年に向けて進みたいと思います。

 関東女子駅伝まであと約10ヶ月。
一緒にやってくれると言ってくれたチームメートと走り終わった後、笑顔になれるよう努めます。
posted by stf at 22:50| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

予選会をみて

少し前のことになりますが、箱根駅伝の予選会が立川で行われました。当日自分は大きいモニターで観戦してました。先輩方や宮澤が走ってるのを見て感動したし、外山先輩は大記録を出していて本当にすごいと思いました。まだ、10000メートルもまともに走れないですが、先ずは5000メートルをしっかり走れるようになって標準をきって予選会に出場できるようになりたいと思いました。
posted by stf at 22:50| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイトル

お疲れ様です、短距離3年の野口です
最近、寒くなってきて冬服が欲しいなと思います。冬服で思い出したんですけど、先日、斎藤に誕生日プレゼントとしてニット帽をあげたら全く同じものを持っていたということがありました。ごめん。

そんなことは置いといてシーズンが終わりました。不甲斐ない結果に終わった上、十大で怪我もしました。冬季練習を死ぬ気で頑張るしかないですね。
怪我について話すとその日の調子は悪くなく、多少りきんだとしても良いタイムがでるなとも思っていて怪我することなんて想定していませんでした。久しぶりに怪我をして、怪我をする原因について考えてたときに、自分の脚や身体の状態が理解できてないなと感じました。そして同時に、自分の身体を理解して自由に操れれば何でもできるなとふと思いました。実際、人間は自分の持つ力をほとんど使えてないと聞いたことがあります。人間の可能性を感じます。話がそれましたが、武田さんが「神経を通す」とか「身体を開発していく」と言っていたことの意味や重要性がちょっと分かった気がします。そして、私は完璧に自分の身体を自由に操ることはできないものの自分の身体の状態をもっと把握した上で、練習やウェイトトレーニングを行うことが必要だなと思いました。身体を操るのはなかなか簡単じゃなさそうだけど、冬季練習の一つの課題として頑張ります

まとまりのない文章と斎藤のいらない情報を読んでいただきありがとうございます
次回はもっといいブログをかけるようにします

短距離 3年  野口








posted by stf at 17:54| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする