2018年08月15日

明日から全体合宿です!

こんにちは、長距離1年の今井です。
暑い日が続いていますが、皆さんお元気ですか。
さて、明日からいよいよ全体合宿です。私はこの全体合宿に先駆けて行われた長距離合宿の時から膝に炎症が起きてしまって、最近はほとんど走れていません。合宿で今までに経験のない長い距離を走ったことが原因のようです。春学期に自主的に走らなかったことの報いがここにきて現れてしまい、自主練習をもっと行うべきだったと反省しているところです。今後は膝の状況をみながら、長い距離に耐えられる練習を積むことができればいいなと思っています。
まずは、明日からの全体合宿を頑張っていこうと思います。
posted by stf at 20:18| Comment(0) | 全体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短距離1年秋池 〜初めての夏合宿〜

はじめまして、短距離1年の秋池苑子です。

専門種目は混成七種競技です。といっても今は走り込みに重きを置き、七種に向けての基盤を作っています。

このブログ、他ブロックの1年がみんな書いていて自分も書かなくていいのかな?って思ってた矢先に私の番です。でも何もネタないので夏合宿への意気込みを少しだけ。

勉学よりも練習に明け暮れ、3ヶ月ちょいが経ちました。焦げました。浪人上がりで足首が肉に埋もれ、アキレス腱と惜別していた私でしたが、最近段々と調子が上がり、アキレス腱とも再会を果たし、ついに夏合宿がきます。中高の頃は春合宿しか無かったため、人生初の夏合宿!

生きて帰れるかどうかちょっと不安があります。が、(おそらく鬼辛いであろう)合宿後にどれくらい成長出来ているのかなと楽しみにしている自分もいます。でもその成長も、合宿の""次第で変わってくるものです。陸上のことが本当に本当に大好きですが、私は1人で練習する時にきついメニューなどを組んでも到底やりきれません。でも、みんなで練習する時はどんなに辛い練習でも不思議と頑張れます。つまり、メンタル弱いです。逆に言えば、同期達、先輩方といる時は自分を引っ張ってくれるし、自分も強くなれるので、""の高い練習にすることが出来ます。しかし、常に周り頼りにしていては強くなれる限界は見えています。今回の夏合宿では肉体的にも精神的にも自分が変われる大きなチャンスです。今まで以上に自分とよく向き合い、弱点を見つめ直し、この夏合宿を確実にモノにしてきます。長くなりましたが、これから4年間よろしくお願いします。

posted by stf at 00:26| Comment(0) | 短距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

長距離合宿を終えて

こんにちは、長距離ブロック1年の青木です。
長距離合宿が終わってから数日が経ちました。今は部活はオフの期間ですが、この期間にどう行動するかが、これからの自分の走りに影響を及ぼすと思います。

少し前の話になりますが、私は足を怪我してしまい、1ヶ月ほど走ることができませんでした。走り始めたのも合宿が始まる数日前からで、合宿を乗り切れるのかとても不安でした。今回の合宿は、スピードよりも長い距離を走れるような体づくりをすることが目的で、私はとにかく走りきることを目標にして毎日の練習に臨みました。先輩方が、私の力を考えながらメニューを決めてくださり、大体はなんとかこなすことができ、自分にとって大きな自信になりました。しかしその一方で、練習をする度に先輩方との力の差を感じ、途中で心が折れてしまう弱い自分がいました。どうせ先輩には勝てない、自分にはできないなどと、自分で自分の限界を決めてしまっていたのです。どんなことでもそうですが、やる前から自分の可能性を否定してしまうことは、本当にもったいないことです。
そうわかっていても、やはり自分に自信を持つことは難しいです。だからこそ、その不安な部分を努力することで補わなければいけません。
今までの自分は言われたことをそれなりにやっているだけで、プラスアルファの取り組みができていませんでした。だから、自信もなかったし、悔しいというより、今の自分ではできなくてもしょうがないと思ってしまっていました。けれど、これからは長距離のチームの一員としての自覚をきちんともって、普段の練習にも自主練にも取り組まなければいけないと思いました。

今まで積み重ねたものを壊してしまうのか、それとも習慣として身につけるのか、どちらも自分次第です。チームの戦力となれるよう、気持ちを入れ替えて日々頑張っていきたいです!

長くなりました。以上です。
iPhoneから送信
posted by stf at 14:43| Comment(0) | 全体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

合宿が始まりました

陸上部に入ってからだいぶたちました。まだまだ慣れないことだらけですが、頑張ります。合宿が思っていたよりもきつく心が折れそうですが、今よりも自分が成長できると思って頑張りたいと思います。
posted by stf at 12:28| Comment(0) | 全体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

長距離合宿開始!その先も見据えて…

こんにちは、長距離ブロック1年の重盛です。
さて、いよいよ今日から長距離合宿が始まります。1年生の僕にとっては初めての合宿ですから、もちろん緊張していますが、それ以上に楽しみだという気持ちが強いです 笑
きっと、部の雰囲気に温もりがあるからこそ、辛い練習に向かう足が軽くなるのでしょう。先輩方や同期達には、本当に感謝しています。

合宿では走り込みがメインということで、これを機に「陸上競技に適応した身体」を作り上げていこうと思っています。
具体的には、「実際の身体の動きと脳内でのイメージを一致させる」ことです。行いたい動作について頭では理解していても、その動かし方が分からない状態です。要は「足の中指だけ動かして」とか「指の第一関節だけ曲げて」と言われたとき、動きは想像できるけれど身体を思うように動かせない感覚のことです。個人的には「骨盤を立てる」「脚が後ろに流れてしまう」「重心より後ろに接地してしまう」などの指摘が当てはまります。これらの課題に対し、無駄な動きを感覚的に把握することで、効率的な動作を身に付け、持久力の高い身体作りに繋げようと思います。
これが今回の合宿での個人的な課題です。

目先の課題はそれとして、その後の目標は箱根駅伝予選会の標準記録切りです。部として出場資格を満たした今、僕の箱根標準クリアへの需要は下がりましたが、それを理由に今年の出場を見送りたくありません。
いつまでも初心者じゃ居られませんから、やがて部の戦力の一角を担う者としての責任を感じながら日々の練習に打ち込みたいと思います。

長くなりましたが、これで決意表明とさせていただきます。僕の熱意が伝わっていると嬉しいです 笑
ただ、あまり気負い過ぎてもよくないですから、学生生活としての楽しい部活動という側面も大切にしていこうと考えています!
それでは合宿頑張りましょう!
posted by stf at 09:39| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

今日で終わり

お疲れ様です、2年生の志村です。やっと今日でテストが終わりました。心残りがとても多く今日の4限以後ずっと心がモヤモヤしていますが、ひとまず終わってしまったテストの事は置いておいて、これから部活が週に5回になるので怪我や熱中症で倒れないよう体力をしっかりつけていきたいです。
posted by stf at 23:57| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

明日から始まっちゃう・・・

こんにちは! 長距離ブロック2年の池田です。

今年は6月中に梅雨入りと梅雨明けの両方が起きてしまいましたね。さすがに梅雨明けが早すぎたので、7月初めの方は暑さにやられることが多かったです。でも今は少しずつ暑さに慣れてきてるので一安心です。

今の現状を少しだけ書かせていただきますね。自分はシーズンインが遅れた影響で5、6月は全然走れず記録会出てもタイムがひどくてけっこう辛かったですが、ようやく最近になって調子が上がってきたかなと思えるようになりました。去年も5月に正式に入部してからは思うように走れなかったんですけど、上南戦の翌日に出た東海ナイターで大学初の5000にもかかわらずベスト10秒更新してから調子が上がってきました。今のところ去年と同じ感じで調子が上がってきてるのでこの調子を維持しながら今後を過ごしていきたいです。

さて、タイトルを見ての通り明日から始まってしまうものがあります。それはみんな知ってることだとは思いますが定期試験です…去年は必修科目の5科目でしたが今年はそれに2つ増えて7科目あり内容も難しくなってるんで大変です。しかしここでの頑張り次第で取りたくない授業を取らずに済むことができる可能性が高くなるんです。(理系であるのでただ単位取ればいいという考えでは3、4年時に苦労するんです笑)テストがあるからといって全く走らないでおくと体力低下へと繋がり合宿に影響が出るので、勉強と部活を上手く両立させてテストを乗り越えていきたいですね。みなさんテスト頑張りましょう!

テストが終わり8月に突入すると夏合宿があります。去年の失敗をしないようにしつつ、メニュー消化率100%目指すのが今年の合宿の目標です。個人的には8月はあっという間に終わってしまうので時間を大切にして頑張ります。そして成長した姿を9月に見せられるようにテスト終わってから8月終わるまでの期間を無駄にせずやるべきことをやっていくだけです!

読んでいただきありがとうございました。

次は今年2月に入部してくれた同期の志村に回します。
posted by stf at 09:20| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

長距離、、というか陸上のセンス無いけど、精一杯陸上楽しみたい陸上競技8年目です。

こんにちは。
長距離ブロック2年の宮澤です。

調べたら昨年でしたが、どこかの甲子園予選で、敬遠時のキャッチャーボークでサヨナラ負けしたチームがあったようです。びっくりした人も多いとは思いますが、ルール上では仕方がないことです。意外と知られていないルールは奇しくもこのような場面で適用されてしまったのです。しかも、そのキャッチャーは1年生だったようで、責任を物凄くもしかしたら感じているのではと思います。
たった1人のプレーで、勝敗が変わってしまうことなんてよくありますが、果たして私たちはそれを自覚しているでしょうか?
一人一人がチームの一員として、1つ1つの行動がチームに影響するということを意識しなければならないと痛感する場面でした。

さて3ヶ月弱でしょうか、箱根予選会があります。出走したらもう一人一人が力を出し切るだけですが、それまでの間、チーム全員が同じ目標を持ち、そして各々がどうするべきか、個々人のすべきことを考えていかなければならないと思います。
1年生はまだ予選会がどんなものなのか、よくわかっていないんじゃないのかな、と思います。標準を切りたいとは口で言うもののなにか漠然とした目標になっているのでは、とも。
しかし、今年は幸運にも10人メンバーがすでに揃ったので、1年生は標準というものを意識しつつもあまり意識せずに、どうやったら速くなるのかとか、楽しく走れるのかとか、いろいろがむしゃらに陸上に取り組んでほしいです。そして、今年の予選会、自分たちの力で、1年生が来年の予選会走りたいと思えるようにさせなければならないと思います。
来年は1年生の力も必ず必要になりますので、明確な目標をそこで与えられるように、予選会全力で頑張れれば、と思います。
陸上競技(特に長距離)は我慢の競技です。ベストが長い間出ないなんてよくあることですし、苦しむこともあります(自分だけでしょうか?)。でも、始めたばかりなら、走った分だけタイムが伸びます(多分)。ですので、1年生にはそんなことを楽しんでほしいし、今しかそんなことは味わえないと思うので、全力で陸上競技を楽しんでください。

まあ、私はいつもネガティブなことばかり言ってますが、実は陸上競技本当は楽しいし、苦しいかもしれないけど、なんて言うんでしょう、それが醍醐味なのではないでしょうか?
苦しいけど楽しいなんて矛盾してますが、でもそんな競技が大好きなので、苦しいだけで嫌いにならないよう、私も日々邁進していきたいと思います。

長くなりました。今年の予選会もよろしくお願いします。
次は、同期の池田に回します。


posted by stf at 18:26| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

なんも面白いこと思い付かないので自分の陸上観の変遷書いときました。

「陸上部ってただ走ってるだけでしょ、とよく言われるが、みんなはわかっていない。ボールを扱うのが難しいように、身体を自由に扱うのも難しい。すなわち、動きとタイミングを身につけるのは簡単なことではない。それらを身につけようと、走っているのだ。」

これは高校の卒業文集に載せた文の一部である。自分がどんなことを考えて走ってきたのかがよくわかる文章だと思う。正直な話、速くなりたいと思いながら走ったことはあまりない。スタートはいつも、あんな風に走りたい、だ。自分と同じような身体的特徴、つまりひょろひょろな人でも、ダイナミックな走りをする選手はそこかしこにいた。そんな人たちと同じようなタイムで走ろうなんて思ったことはない。畏れ多くてそんなことは思えなかった。でも同じようなフォームで走りたいとは何回も何十回も思った。他人の走りのリズム、タイミング、動きを見よう見まねで自分の走りに組み合わせた。一人じゃない。何人の走りを取り入れようとしたかもはやわからない。何が自分の走りなのかもわからなかった。でも、今の走りは自分の走りだ。誰が何と言おうと、自分にしかできない走り。そう思う。そして今の自分の走りがあるからこそ、他人に張り合える、そういうレベルにようやくたどり着いた気がする。そろそろ速くなりたいと思ってもいいのではないか、そんな気持ちも出てくる。そんな気持ちを駆り立てるように、この春3年ぶりに800でベストが出た。B標も切った。もっと速くなりたい。やっぱり速く走りたい。マイルで関カレに出て思った、関カレは自分にとってのオリンピックではない。関カレをオリンピックにしたくはない。

自分には関カレに出られるほどの技術も、みんなを引っ張れるような言葉も、400+400のラストで走路を塞ぐような情熱も、何もない。短距離にいけばスピードで圧倒的な力の差を見せつけられ、中距離長距離では持久のじの字もないことを痛感させられる。(やり投げでは11mを叩き出す、、、)練習後にミーティングに参加できないほど倒れてるのはいつも自分だけで、陸上に向いてないのではないかと悩んだりもした。でも、高校の同期の口癖が頭をよぎる。「どんなに悪かった練習にも絶対によかったことはある。よかったこと、できたことをちゃんと見ろ。」反省にしろ何にしろできなかったことに注目しがちなのは自分だけの話ではないだろう。できなかったことを反省するのはもちろん大事だが、できたことを考えるのはもっと大事だと思う。ちゃんと追い込めてる、力の出し方がわかってきてる。できないことだらけでも、自分だけの強みはある。そういうことがわかってきた。他の誰でもなく自分が、自分自身がそのことをわかってきた。だから最近はブレなくなってきた。動きじゃなくて、陸上の奥深さに魅了されるようになってきた。大学に入って間違いなく自分の陸上人生の転換期を迎えた。まだまだ走りたい。どこまでも走りたい。まだ足りない。この夏真価を問われるのは二人だけじゃない。



最後に
合同練(慶應+自分一人)に参加して、追い込んで、ぶっ倒れて、思った。STFの誰かがここにいたらいいのになって、​寂しいなって​。たしかに追い込むのは努力次第でどうにでもなるかもしれないけど、追い込める環境は努力だけじゃどうにもできないよなと感じた。まあ一人でも300のベスト叩き出すくらいには追い込めるけど、そういうことではない。今は本当に恵まれてる。これからもご迷惑おかけしますが、倒れてても見放さないでください。ミーティング出れなくても許してください。倒れないようにするのは、不可能です。ごめんなさい。温かい目で見守ってください。

以上、中距離唯一の2年ではなくなったことがちょっぴり嬉しい青木でした。

posted by stf at 13:04| Comment(0) | 中距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

[閲覧注意]暑いので....(前編?!)

更新が遅れて申し訳ありません!
[閲覧注意]って書かれたら逆に見たくなりますよね?!自分もその一人です(笑)

ってことで中距離ブロック3年の野崎です!(今回は公式新歓のようなボケはしません(笑))

最近、とにかく暑い。学校に着くまでに既にもう汗が...じわじわっと.....っというものいっつも秋葉原駅のつくばエクスプレス(通称TX)からJRに乗り換える時のあの階段で汗が噴き出てくるのですが....あの階段の多さはなんとかなりませんかね?
調べてみたら地下4階分だそうで、それに総武線が2階にあるので毎日毎日6階分の階段を上り下りしてるわけです。
こりゃぁ汗が出てくるわけだ。

そんなことは置いといて......
最近は寝ている時にあまり夢を見なくなりました。(睡眠の質が上がっている証拠?!)
昔はよく夢を見ることが多かったのですが....
夢って普通すぐに忘れることが多いですよね?!
起きた瞬間は覚えていても、朝ご飯を食べた後にはもう忘れてたりと。
でも、自分は小学生の時に見たいくつかの夢を鮮明に覚えてたりします。

ということで、小学生の時に見た夢のお話です.....


自分は、小学生の時は大阪に住んでました。
その昔住んでいた家には、ほぼ日が当たらないためか夏でも異常に寒い部屋が1つだけありました。
基本はその場所を物置部屋として使っていたのですが、自分が小学5年生の時からさすがに姉と同じ部屋で寝るのはそろそろ....っていうことになり、その物置部屋を片付けてベッドを置きその日から自分はそこで寝ることになりました。
最初は、涼しいので快適だろう。冬は暖房もあるし.......そう思っていました。
でも、しばらく寝てみて思ったことは寒すぎる。夏なのに寒い。暖房入れてもいいくらいでした。
その場所で寝始めてからしばらくしたある日でした。
変な夢を見たのです。
それは、自分が寝ている部屋の夢でした。
最初はだれかが玄関にいて、そこから少しずつ自分の寝ている部屋に近づいてくるのです。
しかも、周りは暗いのに自分の寝ている部屋だけ紫色のオーラが出ていて光っていました。
そして、いよいよ僕の寝ている部屋のドアに手がかけられ開こうとする瞬間....僕は起きました。
慌てて、ドアをじっと見ましたがそこから特に何も起こることはありませんでした。
もう一度寝ようとしましたが、怖くて眠れず結局その日は寝れずじまいでした。
そこから、数十日経ちその時はたまたま変な夢をみただけだと感じ、その夢すら忘れそうになっていた時。
またしても、その夢を見ました。
同じように始まり、同じようにドアが開けられる瞬間起きました。
でも、やはり何もその後は起こらず。
またか....と思い。今度は気にせず寝ようと決めて寝ました。(寝れました。)
しかし、そこでまた夢を見ました。
でも、何かが変でした。最初はどこか分かりませんでしたが、なにか見たことのある風景。
それは、自分が寝ている部屋の中そのものでした。
そこで、僕はびっくりして起きました。



朝でした。




はぁ...なんだ何もないか....
そう思ったのですが.........................














自分のその部屋の閉めて寝たはずのドアが開いていました............




この時ほど、怖くて寒気がしたことは今でもないです。
また、このことが起こってから数十日経つのですが、これだけでは終わらなかったのです。
むしろ、ここからでした....
自分だけに奇妙な現象ともっと過激になっていく夢をみるのは.....




長くなってしまうので、一旦この辺で終わります。(思い出すと今でも怖いし、疲れました(笑))
続きが気になる、怖かった、面白かった。
などなど....感想お待ちしてます!!

反応良ければ続きも書こうかと........
では、この辺で。
posted by stf at 12:26| Comment(0) | 中距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする